Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

ヒメナ城とモラ女王の浴室

Cádiz

サン・クリストバル山地の丘では、ヒメナ・デ・ラ・フロンテーラにあるアル・アンダルスの中世の城の遺構、灯台、かつての国境の土地には物見矢倉が建てられました。

かなり良好な状態で保存されているのは、国境城のさまざまな要素、地域の地形に合わせた城壁、対応する塔や区域ごとに配分された補強物見塔、いわゆる時計塔またはアルバランとアルカサル - カスティージャによる征服後改修 - であり、丸いフロアの追悼塔が中心となっています。お城の後部にはモラ女王の浴室があり、これは実際のところ、この場所に以前存在したモサラベ様式の教会に由来する洗礼盤であり、岩の一部から発掘されたものです。すぐ近くに、別の質素で非常に古いモサラベ様式の教会に属しており、やはり発掘されたさまざまな壁龕も数多く復元されました。ここからは、アルヘシラス湾とカディスの山地の風景が印象的です。

ヒメナ城とモラ女王の浴室


Jimena de la Frontera, カディス  (アンダルシア)