Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース

ロス・ゴルフィネス・デ・アリーバ宮殿

Cáceres

別名ゴルフィン家の上の家としても知られるこの建物は、15世紀の建造とされています。この宮殿は真上から見ると正方形で、各角に塔がそびえていましたが、そのうち3本が今も残っています。宮殿の中央部には、16世紀の天守塔があります。建物正面には、ゴルフィン家の紋章があり、下方にはセルダ家とゴルフィン家の紋章があります。これは、この宮殿の設立者が、イサベル・デ・ラ・セルダとガルシア・デ・ゴルフィン夫妻であるためです。館内では広間や複数の中庭が見どころ。現在は、宿泊施設として利用されています。

ロス・ゴルフィネス・デ・アリーバ宮殿


Calle de los Condes

10003  Cáceres, カセレス  (エクストレマドゥーラ)

おすすめプラン

次の訪問