Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
城壁から見たアビラの大聖堂。

アビラの大聖堂

Ávila

スペインで最も古いゴシック様式の大聖堂です。


ロマネスク様式で建設が始まりましたが、その後フルシェルがこのプロジェクトを担当し、カスティージャ初のゴシック様式の大聖堂を建設しました。

大聖堂のシュヴェは城壁に統合されているため、街の防御設備群の一部を構成していました。門は2つあります。未完成のもの1つを含む塔2つが側面に立つ正門は、教会要塞の雰囲気を醸し出しており、その一方で「使徒らの門」が側面にあります。フロアはラテン十字型です。聖歌隊席と回廊は、後ほど16世紀に追加されました。主祭壇には、ベルゲテとフアン・デ・ボルゴーニャの絵画が備え付けられた、バスコ・デ・ラ・サルサによる素晴らしい祭壇画があります。ステンドグラスは15世紀のものです。回廊にはバスコ・デ・ラ・サルサの別の代表作である、石膏でできた「エル・トスタード」の墓があります。

アビラの大聖堂


Plaza de la Catedral, 8

05001  Ávila, アビラ  (カスティージャ・イ・レオン)

Eメール:thernandez@artisplendore.com TEL::+34 678952984 Webサイト:https://catedralavila.es/
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問