20の検索結果のうち1から12を表示

ティツィアーノ「ディアナとアクタイオン」。ナショナル・ギャラリー、ロンドン。スコットランド政府、ナショナル・ヘリティッジ・メモリアル・ファンド、モニュメント・トラスト、アート・ファンド(ウォルフソン財団により)の寄付と、2009年に行われた一般寄付による、ナショナル・ギャラリーおよびスコットランドのナショナル・ギャラリーの共同購入
イベントカレンダー | Madrid

神話への情熱:ティツィアーノ、ヴェロネーゼ、アッローリ、ルーベンス、リベラ、プッサン、ヴァン・ダイク、ベラスケス

ホメロスやオウィディウス、プラトンといった、古代ギリシャやローマの文豪の物語から発想を得た、愛と欲望からなる神話上の情景を描いた作品が、30点近く展示されています。これらのテーマは、ヨーロッパでは何世紀にもわたり高く評価されており、最高の芸術家しか扱うことができないものとされていました。 同展示会は、ティツィアーノが1551年から1562年にかけてフェリペ2世のために制作した、ギリシアの古典詩に基づく有名な神話画「詩集」6点を、17世紀以降のスペインで初めて一堂に会する機会となっています。これらの絵画は、その芸術的クオリティのみならず、この画家が文学作品を題材として取り上げる際の方法においても、彼の代表作のひとつとされています。

モハメド・エル・バズ作「修復不可能なものを取り繕う」を撮影。ソフィア王妃芸術センター。2021年3月
イベントカレンダー | Madrid

モロッコ三部作

本展覧会の展示物には、歴史上の3つの時期が映し出されています。まず移行期から独立までの間(1950年~1969年)、次に「鉛の時代」として知られる期間(1970年~1999年)、そして現在(2000年~2020年)です。芸術表現における幅広い多様性を通じて、この現実世界に意味を持たせるために芸術が担っている役割というものが高く評価されることになります。そしてその目的は、文化、社会および人類の現代的な進歩を手に入れることにあります。 ...

イベントカレンダー | Madrid

サン・イシドロ祭

この期間、マドリード市民も観光客も、音楽やダンス、そしてエントレシホス(羊の腸間膜)やガリネハス(仔牛のモツ)、または砂糖入りのロスキージャスと呼ばれるドーナッツなどこのお祭り名物の料理を求めて、同じ名前の公園にあるサン・イシドロ礼拝堂への巡礼に詰めかけます。午前も午後もサン・イシドロ公園は、伝統衣装に身を包んだ「チュラポ」または「チュラパ」と呼ばれる地元民と交わり、コンサートや食事とお祭りの雰囲気がマドリード市内各地を包む自由な雰囲気の1日を楽しもうとやって来る観光客で一杯になります。 ...

Arco 2019国際コンテンポラリーアートフェア
イベントカレンダー | Madrid

ARCO国際コンテンポラリーアートフェア

ARCOは、現代の世界の造形アートの代表的な見本市で、最大規模の文化芸術イベントです。ARCOは、研究、芸術のインテグレーション、普及と育成、作品を取り引きするエージェント間の関係づくりにも影響を与えています。エージェントの相互関係は作品収集の強化、市場の確立において不可欠な要素です。

イベントカレンダー | Madrid

マドリード・ブックフェア

初回は1933年に開催されました。 現在ではマドリード、レティーロ公園にあるパセオ・デ・カルアヘスに350以上のブースが立ち並び、最新の文学作品を知るチャンスの場となるだけでなく、お気に入りの作家に会うこともできます。 また、書店や出版社によって企画される、人気作家のサイン会が毎日開催されます。 各スタンドでは、あらゆるジャンルの本を見つけることができるだけでなく、割引価格で購入することも可能です。

スペインのイベロアメリカ芸術
イベントカレンダー | Madrid

帰路。スペインのイベロアメリカ芸術

展示は4つのセクションに分類されています。1つ目のセクション「地理、征服および社会」では、アメリカ大陸の地理学とその植民地化に加え、近世を通してこの土地に居住していた人々に焦点を当てることで、この三点によって縁取られることになった文化的景観の概念を掘り下げます。 2つ目のセクション「アメリカの神殿。往復する献身」では、アメリカ大陸とイベリア半島それぞれにおける宗教的献身のほか、双方の献身の交流や融合についても考察できます。陳列された油絵や彫刻、素描のなかには、リマ、アルト・ペルー、プエブラ・デ・ロス・アンヘレス、メキシコシティの重要な生産拠点で作られた作品があることが見て取れます。また、ムリーリョといった著名なスペイン人画家が手がけた作品も含まれています。 ...

イベントカレンダー | Madrid

大晦日

夜12時ちょうどに、年が変わる時に鳴る鐘の音に合わせて、スペイン人の家族は12個の葡萄を食べます。伝統によると、時間内に葡萄を食べた者は、次の年の12か月間成功すると言われています。この習慣は10世紀初期に始まったと言われています。時計のある市役所前の広場や大広場など、街角で祝うこともよくあります。マドリードのプエルタ・デル・ソルは特に有名です。

表示中

20の検索結果のうち1から12を表示