Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
イカ

セウタの料理

セウタ

セウタ

セウタ、大西洋料理と地中海料理

寒く、岩だらけで荒いの大西洋が、セウタの暖かい砂地で穏やかな地中海と出会うことで、非常に興味深い食通の舌を満足させる様々な種類の魚が生まれます。 深い砂地の水の中でのんびりとしたイシビラメ、マラガのものに似ている銀色のカタクチイワシ、頭足類、特に美味いイカ、 地中海の柔らかいロブスターは色が薄く、大西洋の濃くて強い風味とは対照的です。この海では素晴らしい赤ボラ、ナダス・デ・パドロンと呼ばれる白い透明なエビ、カレイ、スズキ、イシビラメ、ハタ、マグロ、カツオ、海峡のメカジキ、セウタ住民の愛称の由来になっているサバなど、食卓に並べられる新鮮な魚類が多く繁殖しています。

セウタは250年前からポルトガルに属していましたが、アンダルシア地方、特にカディスとマラガとモロッコ地方に近いことがセウタの料理に味、香り、色の面で影響を与えています。レストランでは優れたおもてなしがされています。この孤立した都市の記憶が半島の訪問者の心に残るようお客様を喜ばせ、再び来訪されるために努力しています。

マルミタコの類似品

ヒラソウダガツオの煮込みは、距離は離れているものの、マルミタコと関係のある代表的な海鮮料理ですが、クミン、潰したニンニク、魚の皮や骨を丁寧に漉して調理したスープなど、特別な個性を与える重要な違いがあります。煮込みすぎず、海の味がして美味しい料理です。ヒラソウダガツオが乾燥しすぎないよう、心地よい食感の魅力を失わないように調理されます。ジャガイモ、トマト、ピーマン、玉ねぎ、オリーブオイルで魚を調理し、バスク料理の完成形に近づけます。

魚を使ったレシピ

アルマドラバのマグロは絶妙です。捕獲後、数時間後には、土鍋で食卓に提供されます。ピーマンと玉ねぎのソテーに、ムーアのルーツであるエキゾチックな味わいを感じさせる挽きスパイスを加えたトマトソースを添えて、忘れられない一品に仕上げられます。セウタのマグロのケパイは、魚をよくほぐし、レタス、ゆで卵、ピーマン、パン粉などを混ぜ合わせたものを湯煎で作ります。すべてみじん切りにし、黒コショウと白コショウで味付けし、溶き卵と一緒に煮詰め、マヨネーズ、パプリカの短冊切り、ケッパー、オリーブを添えます。サラ・マル・チカ風のサバは、厚さ3センチほどのサバをスライスしたものを用意します。 土鍋に人参、玉ねぎ、白ワイン、油、サフラン、酢、唐辛子、クミン、ローリエ、塩を入れてじっくり煮込みます。

果物とお菓子

近隣のモロッコから、季節に応じて、小さくておいしいアプリコット、梨、リンゴ、コンパクトでしっかりとしたおいしいブドウ、非常に甘い、スイカ、メロン、ザクロなど、あらゆる種類の果物があり、乾燥農業の味がします。アグスティナの三つ編みは、小麦粉、砂糖、卵、オイル、レモン、オレンジ、ミカンの皮を使って生地を作り、アニスシードを一杯入れて作ります。この生地で三つ編みを作り、それを揚げ、生地に吸収されるまで蜂蜜をかけ、刻んだアーモンド、松の実、砂糖漬けのフルーツ、刻んだチョコレートスプリンクル、時にはカスタードで飾り付けます。最高に美味です。

セウタとメリージャのクリスマス料理

セウタとメリージャはスペインの2つの自治都市で、北アフリカに位置しています。まさにその立地条件が料理に反映されており、クリスマスメニューに影響を与えているのがよくわかります。例えば、メリージャではブリワットがとても一般的です。甘いもの、辛いものもあり、シーフードや肉、鶏肉などの具材が入っているパイです。トゥロン、マジパン、ポルボロン、アラブのお菓子などがテーブルを埋め尽くしていることからも、文化の混ざり合いは明らかです。

おすすめプラン

その他の興味があると思われるレシピ