Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
カジョス・ア・ラ・マドリレーニャ

マドリード自治州の料理

マドリード自治州

マドリード自治州

マドリード、グルメの首都

歴史的にマドリードは、スペインの他の地域に統一的な影響を与えてきました。宮廷の存在は他の地域から抱かれる魅力であり、仕事を探し、田舎よりも良い未来を求めていた人々をスペインの首都はこの自治州で擁していました。スペインの首都があるこのコミュニティは、人々、文化、そしてもちろん美食のるつぼとなっています。マドリードはあらゆる影響を受け、あらゆる料理を受け入れています。マドリード独自の料理もありますが、マドリード起源ではないが、マドリード料理になってしまったものもあります。

バルを見てみると、マドリードの朝食はミルク入りのコーヒーとバターやオリーブオイルを使ったトーストが基本であることがわかります。しかし、何よりも、多様なチュロスがあり、細いもの、折り曲がったもの、大きめのポラスなどが見られます。また、マドリードでは、ピンチョ・デ・トルティーヤと午前中の生ビールも味わうことができます。スペインの風習である「タペオ(タパスのはしご)」に倣って、マドリッドに入ると、内陸部であるにもかかわらず、海の産物が豊富なことに気付きます。エビは、調理したり、焼いたり、衣フライやニンニクと一緒に食べたり、ムール貝は蒸したり、マリネにしたりして、カタクチイワシは酢漬けにして、カツオはマリネにしたりして、最高のつまみとなっています。しかし、それだけではありません。コロッケや煮込み料理など、ほとんどすべてのものがこの地方のタパスにも存在しています。

コシディート・マドリレーニョ

しかし、マドリードといえば、コシードとカジョス(この料理に最も適するのはワイン)を挙げなければ、この自治州の料理は理解できません。そして、2つの料理のどちらも、もともとマドリードのものではないということですが、マドリードという単語に特徴付けられていることは事実です。コシード・マドリレーニョは、スペインの他の地域、さらにはアメリカで調理されている様々なコシードの合成と定義することができます。利用する食材や気候に応じて変化するものですが、何よりもこの地域でもっとも高く評価されているのは、ひよこ豆です。実際には、その用途はコシードを超えて、ほうれん草とタラを使ったひよこ豆のシチューなど、さらに多くの手作りの料理に使われています。四旬節料理の定番。しかし、マドリード自治州で使用される豆類はひよこ豆だけではなく、チョリソーと一緒に食べるレンズ豆や豆類も特別な役割を果たしています。

マドリード、素晴らしい港

海産のマドリードに言及しましたが、その品質は、タパスの分野だけでないことを強調できます。マドリードは、事実上、全ての港と等距離にあるので、スペインのほとんどすべての港から食材を受け取ることができます。クリスマス休暇の間、マドリードらしい食材として、現在は、メルルーサやスズキと競合している鯛ほどのものはありません。しかし、マドリード自治州やの首都が誰かにとっての楽園であるとすれば、それは肉好きの人にとっての楽園です。バスク地方やカスティージャ地方のように、領土全域にグリル料理が多く見られるようになり、ステーキや子豚の丸焼きも名物料理となっています。マドリードに宮廷があったため、イノシシ、ダマジカなどの狩猟肉、特にウズラとキジの嗜好が取り入れられました。鳥類の中でも特に目立っているのは雌鶏です。子羊の内臓、砂肝などの臓物(動物の内臓)もマドリードの美食には欠かせません。ミニキュウリやオリーブのピクルス、エスカベチェなどの酢漬け食品も人気があります。

マドリード自治州のクリスマス料理

マドリードのクリスマスには紛れもない瞬間があります。首都の歴史的中心部を散策して焼き栗を楽しんだり、祝日の期間中ロスコン・デ・レジェスを堪能したりと、様々な楽しみ方ができます。12月31日の夜にプエルタ・デル・ソルで12個のブドウを食べて新年を迎えたり、チュロスとチョコレートの朝食で初日の出を迎えたりすることをお忘れなく。

おすすめプラン

その他の興味があると思われるレシピ