Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ヤイサの全景、ランサロテ島(カナリア諸島)

ヤイサ

Lanzarote

ヤイサはティマンファヤ国立公園の尾根にあり、ランサロテ島で一番南の市です。クレーターと火山帯の暗い色調が特徴で、ラ・へリアや火山帯が海にまで及ぶエル・ゴルフォ、ロス・エルビデロスといった美しい場所が含まれます。

ケマダビーチやパパガヨの入り江といった島で最も美しい景色のいくつかを南の海岸で見ることができます。太陽とビーチに恵まれていることで、ブランカビーチやカレロ港といった観光の中心地では、多くのレジャーやアクティビティが準備されています。海から離れたフェメスやヤイサの内陸部といった歴史的に貴重な場所では、珍しい史跡遺産を見ることができます。

ランサロテ島の南の隅に位置するヤイサでは、島の先住民の遺跡が保存されています。月面のような特殊な美しさを持つ町では、保存状態の良い自然資産を見ることができます。そのエコシステムの最たる例がティマンファヤ国立公園に他なりません。18世紀と19世紀の大規模な火山活動によって生まれた溶岩の海が広大な範囲を覆っています。洞窟や円錐、穴、さらには25にも及ぶクレーター等、珍しい地形が出来上がりました。自然公園で、まず初めてに目にするのはイラリオ小島です。ここから 火山のルートを巡る車のツアーが始まり、溶岩と薄いコケで覆われた火山灰の中を巡ることができます。。ティマンファヤ国立公園は火山自然公園に囲まれており、火山によって作られた地質が海岸まで続いています。ロス・エルビデロスでは玄武岩が絶壁を形成し、波がぶつかる現象がおきます。海岸沿いの火山帯では非常に珍しい地形を見ることができます。そのすぐ近くには、美しいクレーターを持つエル・ゴルフォがあります。クレーターの中は緑の小さな湖となっており、自然保護区に指定されています。チャルコ・デ・ロス・クリコスやハヌビオ塩田といった場所もぜひお忘れなく。島の最も有名なワイン生産地であるラ・へリアでも火山が農業に及ぼす影響を見ることができます。ブドウの株は地面に掘られたくぼみに植えられており、半円に作られた低い石の柵で風から守られています。レジャーとビーチヤイサにはランサロテ島でも、最も美しいビーチのいくつかがあります。 ケマーダビーチのようにサラサラの砂に透き通った水の場所もあれば、パパガヨのように白い砂の人里離れた入り江もあります。町の中でレジャーが盛んな場所として、ブランカビーチとカレロビーチが知られています。さまざまなレジャーとアクティビティが準備されています。ブランカビーチは小さな漁村の周りで発展し、現在は人で溢れる道に多くのショップ、レストラン、夜間営業のテラスが並んでいます。その他にもロボス島やフエルテベントゥーラ島へのクルージングも、ここからは楽しめます。また、カレロビーチにはマリンスポーツの施設が整備され、セーリングのクラスや船や潜水艦でのクルージングが用意されています。内陸部に戻り、ヤイサにある著名なモニュメントに足を運んでみてはいかがですか。 フェメスには島の守護聖人を司るサン・マルシアル教会があり、カナリア諸島最初の司教区となりました(15世紀)。17世紀後半のロス・レメディオス礼拝堂はすべての地域の人々から崇拝されています。 その他のモニュメントでは防衛用のアギラ塔やベニート・ペレス・アルマス邸、重要な文化センター等もおすすめです。周辺とグルメヤイサの近隣には、マンチャ・ブランカ聖堂として島の守護聖女ビルヘン・デ・ロス・ドローレスが崇拝されているティナホ、マヨール・ゲラ邸とアヘイ邸といった史跡遺産を持つサン・バルトロメの町があります。また、首都であるアレシフェからも遠く離れていません。港町であり商業都市であるこの首都は一見に値し、サン・ガブリエル城とサン・ホセ城という二つの要塞を見ることができます。最後に、ティアスでは島の観光の中心の一つであるプエルト・デル・カルメンを訪れることをお忘れなく旧漁港には島のレジャー設備が集まり、レストラン、パブが並び、ヨットハーバーも整備されています。島の他の場所同様、ヤイサの郷土料理にはランチョス(典型的な豚肉の見込み料理)や パパス・アルガーダス(ジャガイモの塩ゆで)があり、これらの絶品にはモホス(ソース)が欠かせません。「ビエハ」煮物や焼き料理、さらにスズキ、ウガのサーモンのようなランサロテ島の新鮮な魚貝類もぜひお試しください。デザートでは、地元産の半熟チーズや熟成チーズが特におすすめです。ランサロテの原産地呼称を持つ大部分のワインがラ・へリアで作られ、スウィートワイン、白ワイン、クリアンサワインが絶品です。

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン