Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
サン・マテウ大聖堂(バレンシア州カステジョン)

サン・マテウ

Castellón-Castelló

バイシ・マエストラット(バホ・マエストラスゴ)の歴史的に重要な地区はカステジョン地方の北にあり、サン・マテウが首都と位置付けられています。その歴史芸術の重要性から、市内は重要文化財に指定されています。

この歴史に満ちた町は地中海と コスタ・デル・アサールから数キロメートルの場所にあります。オリーブやアーモンドの木、穀物畑が広がるこの土地は、中世、モンテサ騎士団の支配下にありました。騎士団が支配し、その首都であったため、職人や牧畜民が集まり、サン・マテウは商業の中心地となりました。その勢いは羊毛をフィレンツェの繊維工場に売るほどでした。経済的な繁栄のおかげで、名家の豪邸やロマネスク様式やゴシック様式を持つ宗教建築・宮殿といった多くの芸術的遺産が残りました。 

柱廊が立つマヨール広場は、すべての道を散策するためには最高のスタート地点です。この地の最も象徴的な場所の一つが司祭長の教会の六角形の塔に他なりません。高い控え柱と中央には身廊を備え、ファサードからも見てとれるようにロマネスク様式とゴシック様式が調和しています。サン・マテウの市内ルートは聖職者の建物やボルル宮殿、ビジョレス宮殿、一般建築の間を抜け、訪問者をアウグスティヌス派修道院やマレ・デ・デウ・デルサンヘルス礼拝堂へと導きます。 この地方を知るためには聖職者の博物館、歴史博物館、古生物に関する博物館の三つがおすすめです。 

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。

お見逃しなく

訪れるべき場所


リストを選択するか地図をナビゲートして興味深いスポットをご覧ください。