Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス
ロブレディージョ・デ・ガタの典型的建築(エクストレマドゥーラ州カセレス)

ロブレディージョ・デ・ガタ

Cáceres

現在まで手付かずで保存されている、特有の都市構造と大衆建築の特徴が、このカセレス地方のガタ山脈の村を特別なものとしています。町の歴史地区は重要文化財に指定されています。

アーバンデザインを尊重しつつ、通路や地下のワイナリー、農家などは丘の中腹へと適応していきました。大衆建築と呼ばれるものについては、ロブレディージョは石盤や天日瓦、また栗の木とオークの木を泥とわらで塗った混合ロッドである、バラセトが特徴的な村です。ファサードについては、伝統的な木造手すり付のカンチレバーとアラビア様式の瓦の屋根が際立っています。重要な建造物の中でもルネッサンス様式のアスンシオン教区教会(16世紀)が特徴的であり、六角形の床と10の柱を有するアーチ型のポーチ、聖具室にある後期なムデハル様式の格天井は必見です。教会の祭壇には、グレゴリオ・フェルナンデス学校からのバロック様式である、横たわるキリストがあります。