Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バニョス・デ・ラ・エンシーナ城。ハエン

バニョス・デ・ラ・エンシーナ

Jaén

バニョス・デ・ラ・エンシーナはシエラ・モレーナの山々のふもとに位置しており、ハエン市からはおよそ52キロメートル離れています。重要文化財に指定されている歴史地区は、さまざまな文化ルートにおける代表的な見どころにもなっています。そのようなルートとして、たとえば「ナスル朝のルート」や「城と戦いのルート」が挙げられます。

バニョス・デ・ラ・エンシーナ城は、ここを住居としていた王の数にちなんで「七君主の要塞」という別名でも知られていますが、そのうちの一人はかのカトリック王フェルナンドでした。10世紀にウマイヤ朝によって築かれたこの城は、全体にわたって銃眼付きの胸壁で固められ、楕円形をし、14基の大きな正方形の塔を構えるほか、追悼塔まで設けられています。ただし、おすすめのモニュメントはこの城だけに限りません。一例としては、卓越した祭壇画と美しい聖櫃を誇るサン・マテオ教会のほか、地味な外観とバロック様式の装飾が施された内装とが大きなコントラストを描いているヘスス・エル・ジャノ礼拝堂などがあります。加えて、町巡りの途中では、別の重要な建造物にも出くわすことでしょう。16世紀に起源をもつ自治体庁舎をはじめ、ロス・モリーナ・デ・ラ・セルダ宮殿、ロス・プリオレス宮殿、ロス・デルガード・デ・カスティージャ邸といった貴族の館も数多く目にすることができます。その自然環境も、この町に数多くあるハイライトのひとつです。というのも、この自治体の一部はシエラ・デ・アンドゥハル自然公園に含まれているほどだからです。