Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

ソス・デル・レイ・カトリコ中世城と城壁

Zaragoza

歴史芸術的総体に指定されたソス・デル・レイ・カトリコの村は、スペインのピレネー地方で最も興味深い、中世の市街地や建築群を構成しています。

ソスの村は、岩がちの山脚にあり、ゴシック様式の壁に囲まれており - いくつかの区間で建物そのものに溶け込んでおり - 、門のうち7つが保存されています: フエンテ・アルタ、またはデ・ラ・レイナの門(最も有名で、城郭風の不等辺四辺形の塔の下)、防御塔の下のハカとナドルの門、塔2つが横についたサラゴサの門、塔1つが横についたエル・ムドの門(唯一の尖頭アーチ)、そして要石のアーチのみが残っているウンカスティージョとブエノの門です。内部のちょっとした高台には、12世紀を起源とし、その後改築されたお城があります。不規則なフロアで、狭間のある石と、内部には一辺6mの正方形のフロアで、狭間胸壁で仕上げられた細い追悼塔があります。

ソス・デル・レイ・カトリコ中世城と城壁


Calle del Ejército Español, s/n

50680  Sos del Rey Católico, サラゴサ  (アラゴン)

TEL::+34 948888524 Webサイト:http://www.sosdelreycatolico.com
おすすめプラン

次の訪問