Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
 サルスエラ宮殿。マドリード

サルスエラ宮殿

Madrid

マドリードの郊外にあるエル・プラド山に囲まれた、この宮殿は、1975年以来、スペイン国王の公邸。

1627年、国王フェリペ4世が、田舎、または狩猟保護区の離宮の建造を命じました。建築家フアン・ゴメス・デ・モラが建設工事を担当。アンドレア・パリャディオが手がけた別荘に影響され、マドリードの典型的バロック様式を取り入れた、落ち着きのある長方形の建物を設計しました。また、アロンソ・カルボネルが、これにスレートの屋根、柱廊、イタリア式庭園――三段噴水、果樹園、苗木栽培所が設けられています――を加え、宮殿を完成させています。彫刻装飾はバルトロメ・スンビドの作品、絵画はシモン・ロペス作。 18世紀末、カルロス4世がタペストリー、磁器、ランプを飾り、18世紀特有の家具や時計を置きました。スペイン内戦を経て、建築家ディエゴ・メンデスが、元の形状とポーチの壁面を残して再建工事を実施 (1958年)。また、ガスパル・バンダルからアイデアを得て17世紀の庭園を再現しました。

サルスエラ宮殿


Camino del Palacio de la Zarzuela, km 12

28048  Madrid, マドリード  (マドリード自治州)