Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サンタ・マリア・デ・ロス・レイェス教会の正門。ラグアルディア。

サンタ・マリア・デ・ロス・レイェス教会

Araba-Álava

サン・フアン・バウティスタ教会と同様に城壁の隣に建造されており、中世の街を保護する城塞区画を構成していました。3つの部分がある身廊3つを有する教会堂の床面があります。シュベは、外部では多角形の半円の後陣で終わります。門には使徒の表現、幼子とともにある聖母、そして精密な装飾が施されたタンパンがあります。聖具保管室は書簡の間にあり、大祭壇とつながっています。教会の足元には内陣と塔があります。12世紀に作られ、下部の2つの部分が属する部分と、一番上の部分とシュベが含まれるルネッサンス様式の建造物を区別することができます。内部では、17世紀に制作された主祭壇画が強調されます。

サンタ・マリア・デ・ロス・レイェス教会


Calle Mayor

01300  Laguardia, アラバ-アラバ  (バスク)

Eメール:turismo@laguardia-alava.com TEL::+34 945600845 Webサイト:turismo.euskadi.eus/es/
おすすめプラン

次の訪問