Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

メロン聖マリア修道院

Melón

Ourense

メロンの古いシトー会修道院。その教会には、ガリシアの修道院建築で屈指の広さと大きさを誇るシュヴェがあります。

フランスのクレルヴォー修道院から来た修道士により、1142年に設立。保存されている建築遺構が示すように、その昔、大きな権力を誇っていました。現在、修道院の付属施設、回廊の歩廊、後部礼拝堂2つの他、修道院敷地内の入口の修復が行われています。元々あった三身廊からなるロマネスク様式の教会のうち、残っているのは一部のみで、半円形の礼拝堂2つと、独立柱が並ぶ興味深い周歩廊があるクロッシングが保存されています。19世紀末、歴史主義者の働きかけで再び壁面と屋根で覆われました。交差ヴォールトと四半円の筒型ヴォールトで覆われ、身廊とクロッシングがつながる部分に塔がそびえています。

メロン聖マリア修道院


Rúa Calvo Sotelo, nº 1

32411  Melón, オウレンセ  (ガリシア)