新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

ピエドラ修道院  

Zaragoza

ピエドラ修道院はアラゴン州の最も乾燥した地域にあります。その起源は1194年に遡り、アルフォンソ2世、貞節者、とその妻女、サンチャが、この地に修道院を建設しカトリック宗教を根付かせる目的で旧アラブ城をポブレトの修道士たちに寄贈したことに始まります。1840年にパブロ・ムンタダス・カンペニイがこの修道院を買い取り、引き続き農作と家畜業を続けました。その息子、ホアン・フェデリコ・ムンタダスによって敷地内が整備され、道を開き、散歩道がおかれ、また農園が作られました。1860年には、イリスの洞窟の発見によって、一般に公開されるようになりました。1867年にスペイン初の栽培漁業施設が作られ、ブラウントラストとイベリコザリガニがピエドラ川の水で養殖されるようになりました。この施設は今日でもアラゴン州の川の生物を再増殖するために活躍しています。こういった活動の結果が今日に見られる庭園となり、1940年には国定絵画的風景に指定されました。

ピエドラ修道院  


Monasterio de Piedra

50210  Nuévalos, サラゴサ  (アラゴン)

Eメール:acliente@monasteriopiedra.com TEL::+34 976870700 Webサイト:https://monasteriopiedra.com/ 予約用電話番号:+34 976870700
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン