Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
カスタリャ城。アリカンテ。

カスタリャ城

Castalla

Alicante-Alacant

アラブ起源ですが、現在の構造は中世によるものです。16世紀には、地中海から来る海賊たちの侵略に備えるべく、太い塔が追加されました。  

街を見下ろす丘の上にあり、壁の配置は地形構造に対応しています。基本的に粗石積みで建設されており、城郭風シリンダー立体つきの壁を有しています。その内部には、さまざまな付属施設(12~13世紀のアラブ風貯水槽が特徴的)の遺構を伴った練兵室が、各末端部にある最も重要な建物2つから切り離されています。そのうち1つは、14世紀~15世紀に領主の住居となった宮殿であり、城の中の小城として着想されたものです。もう一つの太い塔は、地中海岸から地域の内部に向けてベルベル人海賊の侵略を監視すべく1579年に建てられたものです。石造建築をベースとして建築されており、狭間胸壁つきテラスで仕上げられた3階建てです。  

カスタリャ城


Castalla, アリカンテ-アラカント  (バレンシア州)