Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
Monumento

ラ・ガルマ洞窟

Ribamontán al Monte

Cantabria

旧石器時代と先史時代後期の標本


2008年に世界遺産に登録

ラ・ガルマ山に位置するこの洞窟はいくつかの階層に分かれています。最上階のロビー部分には人間が埋葬されている一方で、中間階にはクマを中心とする古生物学的遺物が多数あります。ただし、最も貴重な遺物は最下階にあります。そこは3つの発掘現場に区別されており、いずれも当時のまま残され、芸術的な壁画が数多く描かれています。とりわけ、極めて自然な姿をした黒い馬や、記号を表す赤い絵が豊富に存在する点が特筆に値します。ほど近い場所にはまた、ヤギやバイソンをかたどった絵のほか、手形のついた板なども見つけることができます。2万8,000年前から1万3,000年前にかけてのものと推定されています。

ラ・ガルマ洞窟


Ribamontán al Monte

39793  Omoño, Ribamontán al Monte, カンタブリア  (カンタブリア)