Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
サラマンカのフォンセカ宮殿

フォンセカ大司教大学寮

Salamanca

1538年、サンティアゴ・デ・コンポステーラとトレドの大司教であったドン・アルフォンソ・デ・フォンセカ・イ・アセベドによって建てられました。担当建築家はディエゴ・デ・シロエでした。建物は中庭を囲むように配置されており、星型のリブヴォールトで覆われたエントランスホールを通って中に入ります。中庭は2階建てで、下の階は半円アーチ、上の階は弓形アーチで構成されています。両階とも、フアン・デ・アラバとペドロ・デ・イバラによる円形浮き彫りで装飾されており、「ウオミニ・ファモシ」のシリーズを表現しています。正面のファサードには、サン・アグスティンとサン・イルデフォンソの彫刻と、クラビホの戦いにおけるサンティアゴの円形浮き彫りがあります。礼拝堂には、アロンソ・ベルゲテの絵画と彫刻で構成された祭壇画があります。現在は大学の学生寮となっています。

フォンセカ大司教大学寮


Calle Fonseca, 4

37002  Salamanca, サラマンカ  (カスティージャ・イ・レオン)

Eメール:fonseca@usal.es TEL::+34 923 294 570 Webサイト:http://www.salamanca.es/
おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン


おすすめプラン

次の訪問