5の検索結果のうち1から5を表示

左から右:アリス・ニール。「エレンカ」、1936年。キャンバス地油彩。61 x 50.8 cm。メトロポリタン美術館、ニューヨーク、リチャード・ニールとハートリー・S・ニール寄贈、1987  --------   年 アリス・ニール、「ジョルジ・アルチェ・No. 2」、1955年。キャンバス地油彩。76.2 x 55.9 cm。ロンティ・エバースのコレクション。
イベントカレンダー | Bilbao

アリス・ニール:人間第一

17 9月 2021 - 06 2月 2022

ニールは、性差別や人種差別、そして資本主義の結果としての不正を体験した人たちに絵の焦点を当てました。その作品はニューヨーク内部の歴史と、社会正義やヒューマニズム、そして人間の尊厳に向けた闘争を反映したものです。大恐慌やそれに続く戦争、共産主義やフェミニズム運動の台頭、そして市民権の保護といったテーマが、痛烈なものの愛情のこもった形で作品に登場します。彼女自身、自分を「魂の収集家」とみなしており、作品のなかには肖像画や静物、都市の風景があふれています。

ファーレルニッサ・ザイド。太陽の砂(The Arena of the Sun)、1954年 キャンバス地油彩 196 x 296,5 cm イスタンブール現代美術館コレクション、イスタンブール。エッザーチバシ・グループ寄贈。
イベントカレンダー | Bilbao

抽象画の女性たち

22 10月 2021 - 27 2月 2022

展覧会では、ダンス、写真、または映画といったさまざまなジャンルで活躍する、中南米、中東、アジア、ヨーロッパ、そして米国出身のアーティスト100人近くが紹介されています。 抽象画の女性たちは、この運動のカギとなる瞬間や、これらアーティストが個人またはグループで行った――そして多くの場合不当に忘れられてきた――研究に関して、これまで語られてこなかった情報を提供します。また、彼女たちの最も重要な展覧会についても言及されています。

表示中

5の検索結果のうち1から5を表示