19の検索結果のうち1から12を表示

クリムト: イマーシブな経験
イベントカレンダー | Barcelona

クリムト: イマーシブな経験

16 4月 2021 - 17 11月 2021

バルセロナデジタルアートセンターは、ビジュアル的そして注目を集める手法で、グスタフ・クリムトの絵画の紛れもない美学を再現するべく、展覧会を開催します。展示室がこの芸術家の絵画や彼が飾った建物を映し出す巨大なスクリーンとなります。また、観衆はまるで作品の一部になったかのように感じ、その制作と世界の発展を体感することでしょう。

「世界報道写真ストーリー」大賞。ハビビ © Antonio Faccilongo, Italy, Getty Reportage
イベントカレンダー | Barcelona

世界報道写真展 (バルセロナ)

11 11月 2021 - 12 12月 2021

この展覧会で、あらゆる境界線を越えることができるコミュニケーションツールとしての写真の力を実感してください。ワールド・プレス・フォトの権威ある国際写真コンテストの入賞写真を一挙に展示。この写真展で紹介されている瞬間の多くは集団の記憶の一部であり、歴史上の重要な出来事の画像となっています。

デイヴィッド・ダグラス・ダンカン。ピカソが作ったセラミックのネックレスを身に着けたジャクリーン。デイヴィッド・ダグラス・ダンカンのアーカイブ。© Sucesión Pablo Picasso, VEGAP, Madrid 2021 / デイヴィッド・ダグラス・ダンカンのパブロ・ピカソのジュエリー:ヌーシュ・エリュアールのアミュレット・ペンダント「女性の頭部」。ディディエ・アンド・マルティーヌ・ハスペラフ、ディディエ・リミテッド・ロンドン © Sucesión Pablo Picasso, VEGAP, Madrid 2021 // メダリオン「ヌード」、ヴァローリス、1950年7月。© Sucesión Pablo Picasso, VEGAP, Madrid 2021.カンヌのプライベートコレクション。無断転載を禁じます。
イベントカレンダー | Barcelona

ピカソと芸術家の宝石

21 5月 2021 - 09 1月 2022

ピカソがジュエリー作りに情熱を傾けるようになったのは、1936年にドラ・マールと出会ってからのことです。最初は、露天市で買ったものに彫刻や小さな絵を入れる程度でした。その後、技術に磨きをかけ、骨や小石、シーグラス、陶器の破片などを用いて作るようになり、周囲の女性にプレゼントすることが多くなりました。1947年頃には地中海をモチーフにした陶器を作り始め、1950年頃には金や銀で鋳造したユニークなジュエリーを制作し、大切な人たちに贈っていました。また、貴金属を使用した一連の作品も作りました。 ピカソが手掛けたジュエリーは、ピカソと贈られた人との間の個人的な歴史が詰まった小さな彫刻です。本展では、20世紀および21世紀の芸術家によるジュエリーの優れたコレクションを展示しています。

Evento
イベントカレンダー | Barcelona

炎の色。濱田-アルティガス

04 6月 2021 - 09 1月 2022

ジョセップ・リョレンス・アルティガスと濱田庄司は20世紀を代表する陶芸家であり、個人的にも芸術的にも密接な関係を保っていました。これは、ジョアン・ガルディ・アルティガス、エウダルド・セラ、ジョアン・ミロといった他のアーティストにも見られるように、カタルーニャで日本の陶磁器が生み出した影響とインスピレーションを掘り下げるための出発点となるものです。 本展は、カタルーニャのアーティストと、陶磁器やその大衆芸術の復興を目指した日本の民芸運動とのつながりを示す当時の写真や資料で構成されています。

バルセロナのカイシャフォーラムの展示室「TeamLab.芸術と技術、そして自然」
イベントカレンダー | Barcelona

TeamLab.芸術と技術、そして自然

17 5月 2021 - 09 1月 2022

TeamLabは日本で2001年に登場したグループで、芸術や技術と自然との関係を研究しています。芸術や工学、数学や建築学といった部門の教授から構成されており、その作品により人間と周囲環境との相互作用を探求しています。本展は、観衆の参加の仕方に応じて動いたりデザインしたりする、壁と床への投映で紹介されます。今回は、2つのテーマが展示されます。「闇から生まれて愛すべき美しい世界へ」と、「自然の落書き~失われ没頭、そして再生~」です。

パオロ・ガスパリーニ。「カーニバル」、ハバナ、1962年。銀塩写真。37 x 57 cm。MAPFRE財団コレクション
イベントカレンダー | Barcelona

パオロ・ガスパリーニ

30 9月 2021 - 16 1月 2022

ガスパリーニは活動写真家であり、消費社会や、広告が人々を誘惑および操る方法に特に批判的です。彼の作品の多くは南米で撮影され、特別な形で社会の緊張や矛盾を描写しています。本展ではプロジェクトの大半が展示され、写真や写真アルバムに集中しています。60年ものキャリアが、まるで旅行の道のりのように展示され、そこではステレオタイプが歪み、豊かさや貧しさといった概念が再定義されるのです。

イベントカレンダー | Barcelona

バルセロナ国際ジャズフェスティバル

20 10月 2021 - 28 1月 2022

カタルーニャ音楽堂、フォーラム公会堂、リセウ音楽院をはじめ、その他様々なコンサートホールなどで開催されます。 このフェスティバルには、この分野で国内また国際的に著名なミュージシャンが参加します。 プログラムには無料コンサート、マスタークラス、カンファレンス、アーティストとの出会いの場が含まれます。

黄麻布(おうまふ)に刻まれた文字と4本の棒
イベントカレンダー | Barcelona

タピエス。クローズアップされた現実

18 6月 2021 - 30 1月 2022

タピエスの作品に見られる、使い古されたどこにでもあるようなアイテムの存在は、1960年代から70年代にかけての「物質絵画」に集約される現実主義の核となりました。この時期のタピエスはこれらのアイテムを作品に多用し、常に自分の刻印を反映させた芸術的な観点から作品を制作しています。 彼が表現する現実主義は、1950年代後半から1960年代前半にかけてのマルセル・デュシャンのほか、ヌーヴォー・レアリスムの出現に大きな影響を受けています。デュシャンは、芸術家と観客の間にあるギャップの問題を提起し、作品の完成を観客の手に委ねようとしました。ヌーヴォー・レアリスムは、絵画をオブジェに変えたり代用したりすることに始まり、スペクタクル・アクションやデコラージュ、破れたポスターの利用に至るまで、多岐にわ ...

Evento
イベントカレンダー | Barcelona

ロラ・ルイス・ピカソ

12 11月 2021 - 27 2月 2022

ピカソの創作活動のうち初期においてロラは、彼のお気に入りのモデルでした。1900年までのこのアーチストの作品に彼女は登場し、青の時代の開始とともに姿を消します。展覧会ではピカソが妹を描いた肖像画の多くや、生涯にわたるロラの写真、彼女自身が描いた作品のいくつかや、このマラガ出身のアーチストがパリ在住時に交わしていた文通のセレクションが紹介されます。

イベントカレンダー | Barcelona

彫刻の意味

15 10月 2021 - 06 3月 2022

展覧会は、フリオ・ゴンサレス、アントニ・ガウディ、ジョアン・ミロ、リジア・クラークやロバート・スミソンなどのアーチストによる作品100点程で構成されています。前近代から現在に至る時代をカバーしていますが、最も注目されるのは20世紀に始まる期間です。また、古代の作品、または作者不詳の作品も紹介して、現代彫刻と当時の彫刻とのつながりを示します。展覧会では現実の複製や表現、素材の実験、対象と主体の間の関係、彫刻と時間との間の関係、人間像の表現、または性欲のような複雑な感情の表現などのテーマが取り扱われます。

イベントカレンダー | Barcelona

ソナー。バルセロナのアドヴァンスド・ミュージックとマルチメディア・アート国際フェスティバル

16 6月 2022 - 18 6月 2022

スペイン国内外の電子音楽の最新のトレンドや第一人者といわれるアーティストたちの音楽を楽しむことができるイベントです。プログラムにはディスク・ジョッキーのセッション、コンサートそしてマルチメディアのすべての形態(インスタレーション、ネット・アート、デザイン、その他)など様々な活動が組まれています。 このイベントでは、昼の部と夜の部が明確に異なります。「ソナー昼の部」ではディスク ジョッキーのセッション、あらゆる形態のオーディオビジュアルプレゼンテーション、メディアライブラリー、業界見本市、公演、展示そして新しい才能を発掘するためのエリアも設けられます。一方、「ソナー夜の部」では、国内外の電子音楽の主要なアーティストを迎え、ディスクジョッキーやビデオジョッキーも同時に楽しめます。

表示中

19の検索結果のうち1から12を表示