Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ヘスス・エン・ス・テルセラ・カイーダ信心会の宗教行列。サモラの聖週間

サモラの聖週間

国際的な観光名物祭り
Zamora

この祭典では、音楽が特別な役割を果たします。グレゴリオ聖歌や合唱が行列を華やかに飾り、人々の気持ちを盛り上げます。

サモラの聖週間に関する最初の文献は、13世紀に遡ります。この祭りでは、夜と昼の行列のコントラストが特に注目されています。夜間と早朝の行列は静寂の中でひっそりと行われ、日中の行列は音楽と明るさが特徴です。中には、聖水曜日に行われる「傷を負ったキリスト」の行進のように、ほとんど伝説となっているものもあります。ヘスス・ジャセンテ(横たわるキリスト)兄弟団は、聖木曜日の夜に17世紀の印象的なキリスト像を担ぎ、真夜中過ぎにミゼレーレを歌いながら行進します。スペインで最も古い歴史を持つベラ・クルスのフラタニティもこの日出動します。聖金曜日の信徒団の行列は、十字架の道行きの像の出発や、他の行列がトレス・クルス大通りのソレダードの聖母に向かって行う有名なおじぎなど、感動的な場面が目立ち、この瞬間には通常、市民から熱い拍手が沸き起こるのです。聖週間は特に豪華で感動的な祭りのひとつです。信心、芸術、色彩、音楽が一体となり、イエス・キリストの死を偲び、宗教行列を行います。それぞれの信心会の会員や同胞たちが、各会の特徴的な衣服を纏い、太鼓と音楽の旋律に合わせ、聖像を担いで街中を練り歩く(行列)光景は、厳粛な美しさを醸し出します。

サモラの聖週間


Zamora, サモラ  (カスティージャ・イ・レオン)