Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ブルゴスの聖週間

ブルゴスの聖週間

国定観光名物祭り
Burgos

その起源は典礼的な行事にあるとされ、そうした行事が少なくとも13世紀以降、カスティージャ地方で重要性を増していったのです。実際、ブルゴスの聖週間に参加する同胞団のほとんどは中世に由来し、いずれかの職業別ギルド(銀細工職人、靴職人、庭師など)に所属していた頃に生まれたものです。聖週間はスペインで最も感動的な祭りのひとつであり、イエス・キリストの死を記念して祝われるものです。

ブルゴスの聖週間は、16の信心会と同胞団で構成されています。祭りは、悲しみの金曜日の日没時に、松明に照らされた「悔悛のロザリオ」で幕を開けます。祝典が進行すると、受難の土曜日には「聖週間の告知と開会宣言」が、枝の主日には「ラ・ボリキージャ」の宗教行列が行われます。聖月曜日の夕暮れ時には「十字架の道行き」が祝われますが、これは、サン・エステバン教会を出発した後、カスティージョ公園の斜面を目指すものです。最も重要とされる2つの瞬間は、「対面」の宗教行列(聖木曜日、大聖堂周辺)および「聖なる埋葬」の宗教行列(聖金曜日)の際に訪れます。聖土曜日になると「孤独の聖母(ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・ソレダード)の宗教行列」が、復活の日曜日には「復活祭の宣言の宗教行列」が行われ、そこで「聖人の踊り」が披露されると、祭りの中で最も活気ある瞬間が生まれます。この聖週間は、ブルゴス市の通りで同胞団による宗教行列を目の当たりにしたり、芸術作品の発表の場を楽しんだりすることができるまたとない機会です。そのような芸術作品の一例としては、彫刻家が手がけた聖人像がライトアップされ鎮座している「パソ」と呼ばれる神輿を挙げることができます。  

ブルゴスの聖週間


Burgos, ブルゴス  (カスティージャ・イ・レオン)