Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
レオン大聖堂の前のサイクリスト。カスティーリャ・イ・レオン

スペインで楽しめるベストサイクルツーリズムルート

none

自転車でスペインを訪れる…挑戦してみたいですか?ペダルをこぐのが好きな方は、パニアバッグのご用意を。スペインを網羅する長距離のサイクルツーリズムルートは、感動的なアドエンチャースポーツを体験する絶好の機会です。ここでは、自転車で行える主なロングコースをいくつかご紹介いたします。同時に、スペインの景色や村の豊かさを楽しめるのが魅力。 

  • サンティアゴ巡礼の道で楽しむサイクルツーリズム

    サンティアゴ巡礼の道…またとない体験を自転車でも

    専門家は、 サンティアゴ巡礼 のどのルートもサイクルツーリズム初心者にぴったり、と明言しています。かの有名な黄色い矢印で分かりやすく表示されている上、ユースホステルや宿泊施設のネットワークが整備され、各ステージを終え、疲れた身体を休めることができます。また、全行程を通じて必要なサービスがすべて整っています。これに、世界各地から集まる人たちと経験を共有しながら、スペインの各地方の重要建造物や自然、ガストロノミーの豊かさを発見する可能性が加わるとしたら、これ以上、何を望めるでしょうか?選択肢はたくさんありますが、最も人気があるのはフランスの道で、ロンセスバリェスを起点に全長750kmをペダルを踏んで行くルートです。 

  • 動画「自転車で行く銀の道ルート」のカバー画像

    銀の道ルート:セビリア~ヒホン

    このルートを走破した人が、迷わずおすすめするルート。歴史を感じるこのコースは、石畳の旧ローマ街道の道筋をもとに、セビリア から ヒホンまで、スペインを南北に縦断します。.銀の道は、アンダルシアエクストレマドゥーラカスティーリャ・イ・レオンアストゥリアスを通り抜ける全長800キロメートル以上のルートで、牧草地や渓谷、山岳地帯の多彩な景観を見せてくれます。しかも、多くの村や、カセレスプラセンシアベハルレオンオビエドをはじめとする観光地も訪れます。サイクリングルートは全12ステージで、MTBでもロードバイクでもツーリングが楽しめます。またパスポートもあり、市役所や観光案内所でスタンプを押してもらえる他、宿泊施設やレストラン、加盟店で割引特典が受けられます。こちらのホームページ www.larutaenbici.com では、地図やトラックデータが掲載された各区間の他、ご利用いただけるサービス(修理店、宿泊施設、レンタル会社など) の情報をご覧いただけます。

  • 動画「オホス・ネグロスの緑の道を旅して」のカバー画像

    オホス・ネグロスの緑の道:テルエル~バレンシア

    緑の道 ビアス・ベルデス・ネットワークは、スペインでサイクルツーリズムを楽しむため、よく利用される別の選択肢のひとつ。今現在、最も長いルートは、オホス・ネグロスの緑の道です。全長167.5キロメートルのこのコースは、オホス・ネグロス (テルエル) からスタートし、最終地点は サグント (バレンシア)。旧鉱山鉄道の路線をたどり、2区間に分かれていますが、3日かけてゆっくりとルートを楽しむのが一番のおすすめです。バレンシアの畑を目指すこの道では、トンネルを抜けたり、橋や陸橋を渡ったりしながら、ヒロカ渓谷、ハバランブ山脈、パランシア渓谷を越え、セゴルべテルエル――テルエルのムデハル様式の建築物は世界遺産に登録されています――などの街の近くを走ります。 

  • ウエルバのサンタ・オリャ・デル・カラの近くで「トランスアンダルス」ルートを楽しむサイクリスト。アンダルシア

    トランスアンダルス:マウンテンバイクでアンダルシア一周

    全長2000キロメートルの一周コースは、温暖な気候に恵まれているため、ほとんど一年中サイクルツアーが楽しめ、スペイン南部の類まれな自然の美しさを満喫することができます。トランスアンダルスのルートは、大部分が放牧用の道や林道を通っていて、この地方のすべての県を通過し、カボデ・ガタシエラ・ネバダシエラ・デ・カソルラ または ドニャーナをはじめとする、自然保護区を訪れます。実際、ルートの35パーセントは、何らかの環境保全が行われている場所を通り抜けます。しかも、このコースは、各地域の最善の道をよく知る、地元のサイクリング愛好者により設定されています。周回ルートであるため、お好みの場所からスタートしたり、お好きな区間を走ったりする旅を計画することが可能。こちらのホームページ www.transandalus.org では、各ステージ、地図、GPS用 トラックデータに関する情報をご覧いただけます。 

  • 動画「エル・シッドの道」のカバー画像

    エル・シッドの道:ツーリングで文学の旅

    文学とスポーツが、有名なスペインの騎士、エル・シッド・カンペアドールゆかりの地を巡る、この ルート で一つになり、中世の詩「わがシッドの歌」に登場する各地を訪れます。  ビバル・デル・シッド (ブルゴス) をスタートし、 オリウエラ (アリカンテ) に至ります。舗装道を走るサイクリングの選択肢は、全長2000キロメートル。60~360キロメートルの複数のテーマ別ルートに分かれ、ルート同士がつながっています。マウンテンバイク用の選択肢では、1485キロメートルを走破。49~313キロメートルの7つのコースに分かれ、同じくコース同士は連結しています。ホームページ www.caminodelcid.org には、地図や各種サービス、トラックデータの詳しい情報があります。ペダルを踏みながら、何を見ることができるでしょうか?例えば ブルゴス大聖堂などの世界遺産のモニュメント、多数の城や要塞、小さな村や由緒ある町、ガリョカンタのラグーンや アルト・タホ自然公園など他にはない素晴らしい自然空間などがあります。

  • 動画「自転車でピレネー山脈の横断」のカバー画像

    ピレネー越え:地中海からピレネー山脈を通ってカンタブリア海へ

    ピレネー越えの道は約800キロメートルのコースで、カボ・デ・クレウス (ジロナ) から オンダリビア (ギプスコア) まで、ピレネー山脈の南斜面を走り、美しい山あいの村や素晴らしい風景を抜けていきます。1985年に長距離トレイルGR-11に認可され、それ以来、その道は見慣れた白と赤のマークで示されています。サイクリング用ルートは、大抵はリャンサの村を起点としますが、公式ルートはなく、選択肢はロードバイクで旅するか、マウンテンバイクで旅するかによって異なります。  春の終わりや夏は、このルートを走るベストシーズンで、今やサイクルツーリズムのクラシックなルートとなっています。とはいえ、厳しい難関コースですので、身体能力が高く経験豊富なサイクリング愛好者におすすめです。

に関する詳細をごらんください