Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
自然公園で野鳥を観察する女性

スペインで野鳥を観察できる4つの国立公園

none

スペインには素晴らしい生物多様性をもつ自然スポットがあります。動植物が自由に生息する保護区域は野鳥観察にはもってこいの場所です。

  • ウエルバ県のドニャーナ国立公園内にあるグアダルキビール湿地で羽を休めるフラミンゴの群れ

    ドニャーナ国立公園

    ウエルバ、セビージャ、カディスの間に3つの生態系があり、これらを合わせるとヨーロッパで最も豊かな生物多様性をもつ場所の一つとなっています。沼地、移動砂丘、自然保護地域は、多くの渡り鳥や、イベリアカタシロワシといったその他の絶滅危機に瀕する野鳥の休息地です。この公園には、約300種にわたる20万羽以上の野鳥が毎年行き来しています。

  • 左:ヒメノガン/中央:カバニェロス国立公園のパノラマ/右:シウダ・レアル県にあるカバニェロス国立公園のクロハゲワシ

    カバニェロス国立公園

    この公園では、ヨーロッパにある地中海性の森林を散策することができます。重要な、または絶滅危惧の状況にある22種以上の植物が生育しています。また、1988年以降は198種が生息する野鳥特別保護区域(ZECO)となっており、その中には世界レベルで絶滅危機に瀕している野鳥のうち3%が含まれています。

  • アストゥリアス州にあるロス・ピコス・デ・エウロパ国立公園の眺め

    ピコス・デ・エウロパ国立公園

    この公園はスペインで最も古い国立公園です。アストゥリアス、カスティージャ・イ・レオン、カンタブリアの間に位置し、64,000ヘクタール以上もあります。その標高のために、猛禽類を数多く観察することができます。また、もしも運が良ければ、絶滅危機在来種であるヨーロッパオオライチョウに出会えるかもしれません。

  • 左:ヒゲワシ/中央:ウエスカ県にあるオルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園内で、「花の帯」(Faja de las flores)と呼ばれる箇所を通り抜ける行楽客/右:ウエスカ県のモンテ・ペルディド上空を飛ぶヒゲワシ

    オルデサ・イ・モンテ・ペルディド国立公園

    この公園はスペインで2番目に古い国立公園で、ユネスコの世界遺産の一つとなっています。ウエスカに位置し、ピレネー山脈の一角をなしています。ここでは特に猛禽類、中でも大型種の1つであるヒゲワシを見ることができます。

野鳥を楽しみ、彼らがスペインのあちこちで共生している様子を目の当たりにすることは、間違いなく忘れられない体験になることでしょう。

に関する詳細をごらんください