Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
グラナダのアルハンブラ宮殿を眺めている観光客

2022年の旅行にぴったりのスペインの訪問先

none

旅行は別の体験となりました。本質に戻り、自然に触れ、ご当地グルメを試し、別の形で街を体験したい… 2022年は、あらゆる安全上の措置を講じた上でスペインへの旅行を計画するよい時期になるかもしれません。人生は楽しむためにあります。何らかの理由で今年が特別な年になり、旅行への夢を回復してくれるスペイン国内のいくつかの訪問先を紹介したいと思います。

  • バレンシア州カステジョン県モレージャの空撮

    持続可能な村々

    農村観光にご興味がありますか? 世界観光機関は、持続可能な開発のような価値観への取り組みによりスペインの2つの村をベスト・ツーリズム・ビレッジに選びました。 最初に紹介するのはスペイン北部ナバーラ州のレクンベリで、州都パンプローナ市からわずか30kmのところにあります。ここには、ハイキングやサイクリングのルートが数多く存在し、またその他自然の中でのアクティビティを行うことができます。例えば、ハイキングコースに改装された鉄道廃線跡のプラサオラの緑の道があります。また、ナバーラ州への訪問で、アーネスト・ヘミングウェイのルートをたどることもできます。この有名な作家が歩いた道を辿ってみませんか? そしてこの周囲では、メンドゥキロの洞窟やララウン川の源流、そしてアスピロッツの展望台を見逃すわけにはいきません。選ばれたもう一つの村は、バレンシア州北部のモレージャです。城壁で保護された中世風の通りを散策すると、時計を完全に忘れて楽しめるはずです。ここではイベリア人、ケルト人、ギリシャ人、ローマ人、カルタゴ人やアラビア人が様々な足跡を残し、モレージャをスペインでも最も美しい村の一つにしました。サンタ・マリア・ラ・マヨール主席司祭教会にもぜひ立ち寄ってみてください。

  • アンダルシア州グラナダ市ヘネラリーフェの庭園の細部

    2022年に旅行するのに最高の都市の1つであるグラナダ

    2022年の旅行において最も素晴らしい目的地とナショナル・ジオグラフィックが選んだ25か所のうち、スペインの街が1つ入っています。グラナダです。実際のところ、「21世紀の不思議」とみなされるようになったのです。まだ訪れたことがなければ、世界で最も美しいモニュメント群の1つを有することを知っておく必要があるでしょう。素晴らしい宮殿とヘネラリーフェの庭園があるアルハンブラ。 そしてアルバイシン地区(具体的にはサン・ニコラスの展望台)から夕暮れを体験し、サクロモンテでフラメンコのショーを楽しんだり、大聖堂を訪れたりすると、体験はより充実します。

  • アンダルシア州マラガ県ニエベス山地の風景

    国立公園とユネスコの緑の回廊

    2021年にスペインは新しい国立公園を指定し、その合計が16になりました。マラガ県の中心にあるニエベス山地国立公園です。もし訪れる予定でしたら、アンダルシアでも最高の2,000m近くの高さの峰々や、冒険家にぴったりの洞窟の迷宮、そしてスペインモミのような象徴的な樹木などを目にすることでしょう。自然がお好きでしたら、他にもまさにおススメの目的地があります。エクストレマドゥーラ州です。ここではユネスコにより緑の回廊が制定されており、3つの生物圏保護区(モンフラグエタホ・テージョ川国際地帯およびラ・シベリア)そしてビジュエルカス・イボレス・ハラのジオパークから構成されています。スペインのこの地域は、天体観測(ヨーロッパでも有数の、この活動を行うのに最高な夜空あり)に加え、昼間はハゲタカやイベリアカタシロワシなどのバードウォッチングにもぴったりの場所です。また、素晴らしいご当地グルメを堪能したり、スペインでも最も重要な巡礼地の一つであるグアダルーペ王立修道院のようなモニュメントを訪問したりすることもできます。

  • カナリア諸島テネリフェ島でのゴンドウクジラの観察

    ヨーロッパ初のクジラ遺産の土地

    間違いなくカナリア諸島は、海洋動物にとっての楽園です。ラ・ゴメラ島とテネリフェ島の間にはさまれた地域が、この認証を受けました。持続可能な形でクジラやイルカを観察したければ、またとない場所です。カナリア諸島は、ラ・イスラ・ボニータ(美しい島)として知られるラ・パルマ島や、国立公園指定から40年を迎えたラ・ゴメラ島のガラホナイ国立公園など、自然と触れ合える数多くの場所で訪問者をお待ちしています。この公園では、数百万年前には繁栄していたもの、現在では地球上からほぼ姿を消してしまった照葉樹林の中に入ることができます。 

  • カスティージャ・ラ・マンチャ州グアダラハラ県にあるラ・アルカリア地域で花咲くラベンダーの畑

    ラ・アルカリア:ノーベル賞作家の死去から20年

    具体的には、「ラ・アルカリアへの旅」の作者である作家カミロ・ホセ・セラです。この作品は、スペインの中でも魅力にあふれた村々でいっぱいの地域であるラ・アルカリア(グアダラハラ県に属する)が中心となっています。クルマをレンタルして、イタブリウエガまたはパストラーナといった地域の静けさに身を任せましょう。お城や伝説がある歴史的な村々、ラベンダー畑、素敵な農村の家や、蜂蜜のようなご当地グルメを楽しみましょう。