Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
マドリードのレティーロ公園にある秋のクリスタル宮殿

2021年秋のマドリードおすすめプラン

Madrid

1年のどの季節であれ、マドリードは躍動的な街で、足を運ぶに値する素晴らしいコンサートや展覧会に欠くことはありません。さらに秋は、レティーロのような有名な公園を散策、エル・ラストロのノミの市での買い物。近くの村での散策、またはワイナリーを訪れたりして満喫することもできます。この季節はさまざまなプランで満載です。また、全ての安全措置が取られています。以下、いくつかご紹介します。 

  • マドリードのレティーロ公園の池

    公園の彩りに魅了

    レティーロ公園は9月から12月にかけて様々な色合いで染まり、118ヘクタールの空間どこを散策しても、その美しさに見とれてしまうはずです。ボートに乗ったり、素晴らしいクリスタル宮殿の影でピクニックを行う。そして噴水、展望台を秘めるアルフォンソ12世のモニュメントのような芸術作品を眺めたりすることができます。 レティーロ公園はプラド通りとともに、「光の風景」と呼ばれる一帯を構成し、最近ユネスコの世界遺産に登録されました。これを祝して10月29日から31日にかけて光のフェスティバルが開催され、20を超える芸術展示が行われます。レティーロ公園以外にも、秋に魅力であふれる公園は市内にあります。たとえば王立植物園カンポ・デル・モロ(最近開館した、王宮の隣のラ・コルニサ展望台から眺めてみましょう)、エル・カプリチョ

  • 最高傑作または地平線の神秘、1955。ルネ・マグリット。フレデリック・R・ヴァイスマン芸術財団、ロサンゼルス

    芸術と音楽に惚れこむ

    この季節、市内のさまざまな美術館が、期待を裏切らない特別展を開催しています。中でも「機械マグリット」(ティッセン=ボルネミッサ美術館)は見物で、シュールレアリズムの最高の表現者の1人に捧げられています。別の興味深い提案は“#InGoya”(フェルナン・ゴメス都市文化センター)で、1000点を超えるこの芸術家の作品に没入する体験ができます。芸術を楽しむだけではなく、この街が秋にどっぷりと浸かる雰囲気をご自分の目で確かめたければ、目を見張る中庭を持つ美術館に実際に入場するという手もあります。ソローリャ美術館またはセラルボ博物館は、その一例です。  素晴らしいショーをご希望でしたら、マドリードは世界でも最高級のミュージカルのいくつかをこの数週間で上演いたします: 「ライオン・キング」(ロペ・デ・ベガ劇場)、「ゴースト」(EDPグランビア劇場)、「グリース」(アルカラ新劇場)、「キンキー・ブーツ」(エスパシオ・イベルカハ・デリシアス)、「地球の柱」(カルデロン劇場)、「ティナ・ターナー」 (コリセウム劇場)、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」(カイシャバンク・プリンシペ・ピオ大劇場)または「フル・モンティー」(リアルト劇場)です。

  • マドリード・エル・ラストロノミの市の画像

    生粋のマドリードを発見

    エル・ラストロのノミの市の狭い通りで丸1日を過ごすことほど、生粋のマドリードを感じられる体験はありません。この秋、日曜日に行われるこの象徴的な市場は、土曜日にも開催されます。 マドリードご当地グルメに舌鼓を打つ美食サーキット、この街ならではの店を訪れるショッピングルート、骨董品や芸術品を買える市場、プエルタ・デ・トレドのすぐ近くで家族向けアクティビティなどが行われます。 さらに、新しい形でこの街の魅力全てを知ってもらうべく、「マドリード・オリジナル訪問プログラム」の最新号が発行されました。お好きなものをぜひどうぞ。

  • ボティン・レストランの画像

    長年の歴史を誇るレストランとエノツーリズム

    夏の暑さが去り食欲の秋がやってくると、温かくて味わい深い料理を欲してくることでしょう。世界最古のレストラン・ボティンが含まれる、マドリードの長年の歴史を誇るレストランやタベルナで美味しい料理を堪能しましょう。また、ブドウの収穫の時期が過ぎると、素晴らしいワインを試したり、ワインルートでこの地域にある50を超えるワイナリーを訪れる、たとえば星空の下で夜のテイスティングを楽しむような独自のアクティビティを申し込んだりすることもできます。  

  • アルカラ・デ・エナーレスのセルバンテス広場、マドリード

    ちょっと小旅行をしてみましょう

    マドリード市内には山ほどプランがあります。何日間かの滞在なら、秋ならではの楽しみを体験できる小旅行に出かけてはいかがでしょうか。- アルカラ・デ・エナーレスに行って、1499年に遡る有名な大学を訪れたり、10月に行われる伝説的なセルバンテス市場(この街で作家ミゲル・デ・セルバンテスが生まれました)を楽しんだりしましょう。- フェリペ2世観光列車では、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアルまで向かうことができます。スペインで最も美しい修道院の1つを備え、さらにこの時期にエレリーアの森を散策したり、フェリペ2世の椅子と呼ばれる展望台まで登ったりするのも、忘れられない経験になります。  - イチゴ列車に乗るとアランフエスまで行くことができ、ここでは壮麗な王宮に加え、魔法の庭園の中で迷子になることをお勧めします。- 秋のマドリード近郊における最も素晴らしい光景の一つは、リンコン山地になるモンテホのブナ林です。ほぼ自然林のブナ林がどこまでも広がっており、きれいな空気を吸ったり、ラ・イルエラのような魅力的な村々を訪れたりすることができます。この地域の北部の山地では、ラスカフリーアのフィンランドの林に入ると、一瞬にして北欧へと飛び込むことができます。そしてマドリードの近くにある別の非常に美しい村はパトネス・デ・アリバで、独特の農村の雰囲気の中にスレート作りの家や石畳の通りがあります。

に関する詳細をごらんください