タラコ・ビバ ローマ帝国祭り(Festival Tarraco Viva) © Joan Capdevila. タラゴナ観光局

スペインへの旅で、ローマ帝国の古代ヒスパニアを発見しましょう。 偉大なローマ劇場の雰囲気を感じたり、重要な道を歩いたり、ローマ時代に開かれた露天掘りの鉱山を訪れることもできます。 以下に偉大なスペイン帝国の痕跡をご紹介します。

  • メリダローマ劇場 © Grupo Ciudades Patrimonio de la Humanidad

    印象的な古代ローマ劇場では、毎年夏に有名なメリダ国際古典演劇祭が開催され、円形劇場、ディアナ神殿、国立ローマ美術館は、ローマ時代のほぼすべての形跡を発見できる最も重要な見学場所となっています。 ローマ帝国への献身の報酬として除隊兵が住んでいたローマ都市である古代「アウグスタ・エメリタ」を知るルートをご提案します。

    詳細

  • タラゴナ古代ローマ円形劇場

    ヒスパニア人の居住地として発展都市の例、旧タラコ市です。 今日では、タラゴナは世界で最も貴重なローマ考古学遺跡の一つとされ、毎年5月には通りやモニュメントでローマ帝国が復活します。 「タラコ・ビバ」フェスティバルが開催され、剣闘士の戦い、歴史の再現、コンサートなどが行われます。タラゴナは コスタ・ドラーダの中心地であり、カタルーニャの他の地域を訪問するのに最適な中継地となっています。

    詳細

  • セゴビアの水道橋

    セゴビアの水道橋は、街の象徴的な建築物であり、ローマ建築発展の最良の例の1つです。 この世界遺産の町を訪れる出発点となるアソゲホ広場に素晴らしい状態で保存されています。 アルカサル、大聖堂などのモニュメント、グルメ、マドリード からの良好な接続(高速鉄道で約30分)により、セゴビアは素晴らしい小旅行の目的地として最適な街となっています。 それを知るためにこのルートをご提案します。

    詳細

  • これらの場所は、まるで別世界です。 ラス・メドゥラスは今日、栗の木の生息する赤地の山岳地です。 そこはかつて、ローマ人が2世紀に油圧力に基づく独創的な抽出方法により開拓した金鉱山でした。 オン県にあり、ユネスコの世界遺産に指定されています。

    詳細

  • パレンシア (カスティーリャ・イ・レオン) – 古代ローマの大邸宅 「ラ・テハーダ」 と 「ラ・オルメダ」

    ラ・オルメダの古代ローマの豪邸のモザイク

    2軒の豪邸は2か所農業集落にあり、部屋のモザイク装飾が際立っています。 これらの豪邸は、車で約30分の距離にあります。 ラ・オルメダの古代ローマの大邸宅は、宮廷風の様式が際立っており、メインホールにはヨーロッパで最も保存状態の良いモザイク装飾の1つがあります。 一方、最近の発掘調査により、ラ・テハーダの古代ローマの豪邸で、温泉であった可能性のある施設が発見されました。

  • ヘラクレスの塔

    ヘラクレスの塔であり、現在は初めて明が灯されてから2000年後も灯台として機能し続けています。 ア・コルーニャの必須訪問地であり、湾の素晴らしい景色が眺められます。 モニュメントはユネスコの世界遺産に登録されています。

    詳細

  • ルゴの市壁 © Turismo de Lugo

    ルゴの古代ローマの城壁は、17世紀以上の歴史を有しており、現在も保存されています。この城壁からは歴史地区にアクセスでき、ルゴの最高の景色を眺めることができます。 城壁も一種の謎となっています。 研究が行われたにもかかわらず、ポリスを囲んでいない領域があるため、防衛を意図した目的は明らかではありません。 実際には城壁は「ルゴの聖なる森」を守るために建てられたという伝説があります (ルカス・アウグスティはルゴという都市名の起源とされています)。

    詳細

  • タリファとサンティポンセ (アンダルシア) – 南部の古代ローマ都市

    バエロ・クラウディア遺跡群

    アンダルシアには、最も保存状態の良いローマ考古学遺跡のうちの2つがあります。 一方、タリファ(カディス)のバエロ・クラウディアは、海洋とジブラルタル海峡の壮大な景色を見渡す入り江に位置しています。 一方、イタリカ遺跡はセビージャ市すぐ近くのサンティポンセにあります。 この古代ローマの都市で、ローマ帝国の2人の皇帝が生まれました。 夏に訪れる際は、バエロ・クラウディア、イタリカ、マラガローマ劇場で開催されるアンダルシア・古代ローマ劇場祭をぜひご覧ください。

  • アウグストの道と銀の道 – ヒスパニアの偉大な道

    コルドバのローマ橋 © Turismo de Córdoba

    アウグストの道は古代ローマのヒスパニアで最長の道路で、そのルートはピレネー山脈からカディスへと続いています。 このルートは地中海に接し、カタルーニャ、バレンシア州、ムルシア州、アンダルシア州を横断します。 タラゴナに加えて、ルートには見学場所として、サグント(バレンシア州)とカルタヘナ(ムルシア州)の劇場やカストゥロ遺跡群(アンダルシア・ハエンのリナレス)などの古代ローマのモニュメントがあります。 一方、銀の道は古代ローマ時代のヒスパニアの主要なルートであり、アストゥリアス、カスティーリャ、レオン、セストれマドゥーラ、アンダルシアを通っています。

  • セゴブリガとカランケ (カスティーリャ-ラ・マンチャ) – カスティーリャ-ラ・マンチャの考古学公園

    セゴブリガ考古学公園

    両方の考古学公園はマドリードから約1時間のところにあり、ローマ時代の数多くの壮大な遺跡が残っています。 セゴブリガ考古学公園(カスティーリャ・ラ・マンチャ –クエンカ)では、劇場、城壁、水道橋、フォーラム、温泉などが見られます。 一方、カランケ考古学公園(カスティーリャ・ラ・マンチャ –トレド)には、重要なモザイク、霊廟、宮殿の建物が保存されている住宅地があります。


この情報はお役に立ちましたか?



X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバグラナダア・コルーニャカディスムルシアレイダウエスカバレンシア-バレンシアラ・リオハカセレスカンタブリアアストゥリアスルゴビスカヤカステジョン-カステジョポンテベドラハエンアリカンテ-アラカントギプスコアトレドレオンジローナアラバ-アラバウエルバブルゴスバジャドリタラゴナセゴビアアルメリアシウダ・レアルアビラサラゴササラマンカテルエルナバーラクエンカサモラバダホスアルバセテオウレンセパレンシアソリアグアダラハラカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカフォルメンテーラ島
X
Canarias ラ・パルマ島ランサローテ島テネリフェ島グラン・カナリア島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島エル・イエロ島