Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
双眼鏡を通して眺める母と娘

スペインでのバードウォッチング、 それは、ヨーロッパ旅行のひと味違ったプラン

none

鳥が好きな人にとって、スペインはバードウォッチングが楽しめる旅先として外せません。ヨーロッパとアフリカの各地から、数百種の鳥類が巣作りと繁殖のために渡ってくることから、スペインの地理的位置はバードウォッチングに理想的です。そのため、ヨーロッパ有数のバードウォッチングセンターはスペインにあります。 さらに、スペインは世界最多のユネスコの生物圏保護区を誇る国であり、鳥類が集中する生息地の多くはアクセス可能で快適な場所です。スペインに来るのに、これ以上どんな理由が必要でしょうか?

バードウォッチングをするための様々なプラン

バードウォッチングは、エコツーリズムの一種で、色々な方法で行うことができます。中には驚くようなものもあるでしょう。

鳥類の観察と標識調査

標識(足環)をつけるプロセスを見ながら、科学者や愛好家と一緒に1日を過ごしてみましょう。標識付けは、鳥類の研究やルートの確認、そして何より、とりわけ発見の難しい種や絶滅危惧種を含むあらゆる鳥類の保全・保護を目的として行われているものです。デルタ・デル・エブロ、ドナーニャ国立公園の湿地帯、バレンシア県のアルブフェラなどの地域に、専門の施設が数多く設置されています。

マラガで鳥を研究する鳥類学者の詳細

カヤックでのバードウォッチング

野鳥観察をする別の方法として、例えばカヤックのような新しい手段もあります。これまでそんな方法を考えてもいなかったバードウォッチング愛好家にとって、新たな体験となるでしょう。

バードウォッチングと写真撮影

さらに、もうひとつのプランとして、写真撮影を通じた野鳥観察があります。そのためには、お探しの鳥類を捉えることができる強力な望遠レンズが必要となりますが、そういった特定の機材を提供してくれるプランを利用できるようになっています。もしかしたら、ピレネー山脈でヒゲワシを撮影できるかもしれませんね。

タラゴナにあるガルシアとモラ・デ・エブロの間をカヤックでバードウォッチングをする女性、カタルーニャ
に関する詳細をごらんください