Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
バルセロナの凱旋門

車輪に乗ってバルセロナを探索。違った形での街の知り方。

none

自転車をこぐというのは健康的であり、汚染もせず、自分のペースで新しい場所を発見するのに最適です。更に、バルセロナには200km以上の自転車レーンがあります。

まず、10km離れたコロン広場とフォーラムビーチの海岸沿いから始まります。海沿いに快適にペダルを漕ぐ間、オリンピック港や市内の古い漁港地区のバルセロネータ等のバルセロナのビーチを発見することができます。どのビーチにも立ち寄ることができ、その周辺にある美味しいレストランで地中海料理を楽しむことができます。自転車で移動しながら、街のモニュメントを発見することもできます。グラシア通りを上っていくと、建築家アントニオ・ガウディの作品であるカサ・バトリョラ・ペドレラ-カサ・ミラ等のモデルニスモの建物が見えます。更にもう少し行くと、街のアイコンの一つであるサグラダ・ファミリアを見つけることができます。その後、昔は要塞だったシウタデリャ公園で一休みしましょう。そして、アルク ・デ・ トリオンフ(凱旋門)に向かってください。1888年にバルセロナで開催された万博の入場門として作られたモニュメントです。ここでこのルートは終わります。 

パセオ・デ・ガルシア通りの自転車

しかし、全てのルートがコンクリートではないのです。モンジュイックの丘でもペダルを漕ぐことができるのです。たくさんのエキゾチックな植物を見ることができるモセン・コスタ・イ・ジョベラ庭園は、きっと気に入るでしょう。ジョアン・ブロッサ庭園は、緑も多く、家族で1日を過ごすのにぴったりです。ミラドール・デル・アルカルデ庭園からの絶景を楽しむこともできます。最後に、更に上がっていくと、歴史的なモンジュイック城があります。更に、市内では400ヶ所以上の自転車置き場がある公共の自転車レンタルサービス、bicing(ビシング)の利用をお勧めします。出発前に自転車のチェックとヘルメットをかぶるのを忘れないでください。あとは、楽しむことだけに専念してください。  

バルセロナのゴシック地区の自転車
に関する詳細をごらんください