Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
一人でトレッキングする女性

ヨーロッパを一人旅していますか?スペインのビアス・ベルデス(緑の道)はそんなあなたにぴったりです

none

ビアス・ベルデスは、かつて鉄道の路線だったものを自転車や徒歩で通れるようにした道です。自分のペースで行く一人旅に最適です。さらに、古い駅のいくつかはホテルや民宿、インフォメーションセンターになっています。スペインには2,800kmものビアス・ベルデスがあるので、選ぶのが難しいかもしれません。以下、いくつかご提案いたします。

エル・カリレット、ジローナ県その昔、オロットとジローナ間の57kmをつなぐ小幅の線路だったものです。現在は、スペインで最も有名なビアス・ベルデスの一つになりました。ラ・ガロッチャ地方の火山からスタートし、ジローナ県の地中海でゴールをむかえます。ラ・シエラ、カディス県この36.5kmの道のりは、ヨーロッパで数々の賞に輝いています。セラーノ港からオルベラまで延びています。道のりの途中には、チャパロ・デ・ラ・ベガと呼ばれる樹齢200年以上のオークの木があります。また、ペニョン・デ・サフラマゴンを通るときは忘れずに空を見上げましょう。ヨーロッパ最大のハゲタカの群れを目にすることができるでしょう。

上:緑の道の一つ「エル・カリレット」。下:カディス県オルベラのパノラマ

オホス・ネグロス、テルエル県バレンシアの海岸とテルエルを160kmにわたって結ぶ、スペインで一番長いビアス・ベルデスです。その長さゆえ、さまざまな自然風景をたくさん見ることができます。このルートでは、世界遺産に登録されているテルエルのような町の数々を楽しめることでしょう。エル・プラサオラ、ナバーラ州ララウン渓谷とレイツァラン渓谷を通り、このビアス・ベルデスはプラサオラへと向かいます。小さな鉱山列車が初めてパンプローナとサン・セバスティアンを結んだのです。40kmにわたり、深い森と山に掘られたトンネルのなかを抜けていきます。 これらのビアス・ベルデスを自然と調和しながら一人旅すれば、それは一生忘れられない経験になるでしょう。

上:カステジョン県バラカスを通る緑の道オホス・ネグロスにあるトンネル下:緑の道を歩く女性
に関する詳細をごらんください