所在地

Badajoz


トレンディーなお店やタパスバーが並ぶ道から出る脇道を通ると、そこには古代ローマの神殿が。夏の夜には、2000年以上の歴史を誇る巨大なローマ劇場で、野外で行われるパフォーマンスをお楽しみいただけます。また、古代ローマの橋を渡って街に入れば、アラブの城塞を正面から眺めることもできます。ここではエクストレマドゥーラ州にある世界遺産の都市メリダを1日で満喫する方法を紹介します。

メリダでの必見スポットは、ローマ劇場円形闘技場、そして国立古代ローマ美術館の2ヵ所あります。観光スポットを日中か夜に訪れるかを決めて計画を立てることををお勧めします。一ヵ所あたりの滞在時間は、少なくても1時間をみておきましょう。最初の目的地に長く留まり、2番目の行き先への訪問は立ち寄る程度で済ませる場合は、3時間がおすすめです。 一ヵ所目を午前に、二ヵ所目を午後に訪問するといいでしょう。そうすれば、午前中には少し離れた他の観光スポットにも訪れ、ショッピングエリアの近くを散歩しながら夕日を眺めることができます。



午前:ローマ劇場・円形闘技場

そこはかつて、現在のメリダであるイベリア半島の古代ローマの街、アウグスタ・エメリタの娯楽の中心地でした。円形闘技場では猛獣や剣闘士同士の戦い、武器を用いたレクリエーション、そして奴隷の処刑さえも行われていました。現在まで保存された石の数々が定員1万人の闘技場の広さを物語っています。歓声、喝采、叫び声、野獣の唸り声・・・古代ローマ人の当時の生活を垣間見ることができます。戦士や野獣が待機していた部屋に入ったり、さらにはかつて戦場であった場所にまでも足を踏み入れることができます。 観光プランに従うと、次は巨大なローマ劇場に到着します。大理石の柱やまぐさ、彫刻、さらには舞台の基礎さえもが、ローマ劇場建設時のものです。劇場の石造座席を使用し街の城壁を補強するため、劇場は西ゴート族によって破壊されましたが、発掘調査で発見されたこれらの要素は修復され、洗練された古代そして現在のメリダの文化の象徴が忠実に再現されました。この劇場は今も使用され続けており、7月から8月にかけて国際古典演劇祭が開催されます。 チャレンジ:大舞台を目の前にして、観客席の最前列に残る大理石の座席を探してみましょう。そこは元老院議員専用の観客席だったため、特に貴重な材料が使用されました。豆知識:女性観客、解放奴隷、奴隷の位置は、劇場の最も高いところと決められていました。備考:日中に見る劇場も素晴らしいものですが、夜間の訪問も、イルミネーションによって生み出される雰囲気でまた違った魅了をお楽しみいただけます。 また午前中には、古代ローマの橋の前にある、少し離れたロス・ミラグロスの水道橋などの観光スポットを訪れるのもよいでしょう。 緑が豊かで散歩にぴったりなこのエリアは、明け方の訪問をお勧めします。そこではアーチの間から太陽が少しずつ昇って橋を照らす様子を眺めることができます。 次の観光スポットは、劇場と円形闘技場の訪問時間とその後の空腹の度合いに応じて、2つの選択肢から選びましょう。劇場・円形闘技場を前に、観光案内に従って左に進むと、 サン・ロレンソ温泉ン・ロレンソの水道橋にたどり着きます。正面には古代ローマ競技場があります。そこには小さな利用案内センターがあり、展望台からは定員3万人の競技場全体を見渡すことができます。 一方、ローマ劇場から右に進むと、闘牛場の向かい側にあるミトレオの古代ローマの家納骨堂の葬儀場があります。特に興味深いのは、多くの部屋があるローマの邸宅であるミトレオの家で、その中に置かれている絵画を通して古代ローマ人の生活を垣間見ることができます。納骨堂では、アウグスタ・エメリタでの当時の葬儀と埋葬について学ぶことができます。  

定番料理

一度休憩して、エクストレマドゥーラの伝統料理を味わいましょう。観光スポット周辺にはたくさんレストランがあり、日替わりランチや有名なタパス料理などを提供しています。エクストレマドゥーラの定番料理ミガスには、イベリコ豚の生ハムやヒレ肉、サーロイン、ブラッドソーセージ、ソーセージなどのイベリコ豚製品すべてが使用されます。ソロンゴジョやコホンドンゴと呼ばれるサラダもエクストレマドゥーラの定番料理です。デザートには、ペスティーニョやペルニージャ、モニタス・エストレメーニャスを試してみてください。ワインは、地元産のリベラ・デル・グアディアナをぜひ味わってみてください。

午後:メリダ国立古代ローマ美術館

建築家ラファエル・モネオによって設計されたこの美術館は、ローマ帝国への入り口です。主要展示室の奥にはフォーラムのアーケードの巨大な装飾が来館者を迎え、壁には見事なモザイク画が掛かり、地下室には国内建築と古代ローマの道路が潜んでいます。主な作品の詳細は、ウェブサイト「España es Cultura」でご覧ください。 美術館を訪れた後は、古代ローマの橋とその周辺の緑地を、夕陽を見ながら散策してみましょう。途中でたくさんのサプライズがあなたを待っています。サガスタ通りを歩いて標識に従って進むと、フォーラムのアーケードが見えてくるでしょう。さらに16世紀の邸宅を背後には、ディアナ神殿がそびえ立っています。夜にここへ戻ればイルミネーションで照らされる神殿を見ることができます。 まっすぐ進み続けると、アラブの城壁古代ローマの橋に到着します。アラブの城壁には、古代ローマ時代の街の主要道路や、古代ローマとアラブの装飾が組み合わさる貯水池、古いモスクの床など、さまざまな時代の遺跡が残っています。また、そこからは古代ローマの橋のが架かるグアディアナ川を一望できます。橋を渡るときに緑地を通ると、そこから城壁と橋の両方を一枚の写真に収めることができます。  

最終観光スポット・夕食

文化遺産の観光の後には、サンタ・エウラリア通り付近のショッピングエリアを訪れて、街の雰囲気を味わってみてはいかがでしょう。スペイン広場やコンスティトゥシオン広場で一息つくのもいいかもしれません。歩いていると、トラヤヌスの凱旋門が見えてきます。このエリア全体はタパスを楽しむのにぴったりです。バーを何件か回ってタパス料理を味わってください。

備考

ここではメリダの主要観光名所を紹介しましたが、滞在日数が多くとれる場合には、以下のスポットもおすすめです。 A)サンタ・エウラリア大聖堂とその地下室入り口には、小さな礼拝堂があり、そのアーケードはは、マールスを祭るローマ神殿に用いられた大理石を使って作られました。 B)古代ローマ、アラブ、西ゴート、アンダルシアの建造物の遺跡があるモレリアス遺跡地帯 C)街から約5㎞離れたところにあるプロセルピナ貯水池。古代ローマ時代に建設された古代史上最大のダムの一つです。周辺には、水に関する利用案内センターや、緑豊かな散策地区と広い活性化エリアがあります。 円形闘技場・ローマ劇場の入場券で、アルカザバ、ミトレオの家、古代ローマ競技場、納骨堂の葬儀場、モレリアスの遺跡地帯、サンタ・エウラリアの地下室へのアクセスも可能です。入場券は上記の目的地のうちどこでも購入可能です。 円形闘技場・ローマ劇場前およびサンタ・エウラリア通りにそれぞれ観光案内所が設置されています。 円形闘技場とローマ劇場のガイド付きツアーについては事前に確認してください。夜間ツアーも行われています。



この情報はお役に立ちましたか?





スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


関連した体験をさらに読む

目的地の体験をさらに読む



X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバア・コルーニャグラナダカディスアストゥリアスムルシアルゴウエスカアリカンテ-アラカントレイダカステジョン-カステジョラ・リオハカンタブリアビスカヤバレンシア-バレンシアギプスコアポンテベドラアルメリアバジャドリレオントレドカセレスハエンブルゴスジローナタラゴナアラバ-アラバシウダ・レアルウエルバセゴビアクエンカサラマンカテルエルサラゴササモラナバーラバダホスアビラオウレンセアルバセテグアダラハラパレンシアソリアカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカ
X
Canarias ランサローテ島テネリフェ島グラン・カナリア島ラ・パルマ島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島