コルドバのパティオに敬意を表した彫刻

アンダルシア地方を巡るルート7日間

次の休暇にスペイン南部の旅行をお考えですか。どのようなルートが良いかお迷いではないですか。アンダルシア地方は端から端まで約600キロメートルあり、スペインで2番目に大きな地域です。この広大な地方の有名な街を巡るためには、少なくとも1週間の旅行をおすすめします。 

目を奪われるような白い村々やイスラム建築の宮殿を訪れたり、大聖堂や城塞の頂上に登ったり、「ゲーム・オブ・スローンズ」と「スターウォーズ」の舞台となった場所へ行ったり、フラメンコの情熱に触れたり、タパスやへレスのワインを味わったり、他の場所では出会えないような明るい人々と触れ合ったり。マイペースで巡るにはレンタカーが一番です。情熱的な1週間が待っています。

マラガ

  • 1 マラガ
  • 2 ロンダ
  • 3 へレス・デ・ラ・フロンテーラ
  • 4 カディス
  • 5 セビージャ
  • 6 コルドバ
  • 7 グラナダのアルハンブラ宮殿
  • 8 グラナダの街の痕跡

まずはコスタ・デル・ソルの代表地であるマラガからスタートしましょう。マラガには多くの国際線が到着します

午前中は旧市街地

コンスティトゥシオン広場でしっかりと朝食をとった後、まず最初の訪問先はエンカルナシオン大聖堂。南塔が未完成のため「ラ・マンキータ」という愛称で知らています。見学方法の中には塔の頂上まで登り、街を一望するプランも用意されています。その後、古代ローマ劇場城塞に行ってみるのが良いでしょう。城塞の宮殿はイスラム教徒が統治している時代に建築されました。このエリアの高所にはヒブラルファロという城があります。アラメダ・プリンシパルから出発する35番のバスに乗ると城まで行くことができます。 また、そこには街で一番のビューポイントの一つがあり、遠くには海岸まで見渡すことができます。

午後は美術館とラリオス通りでショッピング

昼食は街のシンボル的なレストラン、エル・ピンピへ行き、ポテトサラダ、イベリコ・フラメンキン、プリンガなどを試食し、その後はカルメン・ティッセン美術館ピカソ美術館へ行ってみてはいかがですか。この街で有名な画家が生まれたことを知っていますか。実際、生家や画家の人生に関係の深いその他の場所を訪れることができます。ショッピングを楽しむなら、店が所狭しと建ち並び活気に溢れたラリオス通りの散歩がおすすめです。

港からの夕暮れ

午後、暖かい日ならマラゲタビーチで海水浴もできます。または、パルメラル・デ・ラス・ソルプレサスからウノ埠頭として知られる港のエリアまで散歩するのもおすすめです。このエリアには多色に塗られた興味深いキューブがあり、そこがポンピドゥーセンターです。そのまま散歩を続けると1816年に建設が終わった旧灯台、ラ・ファロラに着きます。また、このエリアにはお店やレストランも多くあり、楽しい一日の終わりとなるでしょう。この一帯から街でもっとも美しい夕暮れが楽しめます。


この情報はお役に立ちましたか?



X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバア・コルーニャグラナダカディスルゴアストゥリアスウエスカレイダアリカンテ-アラカントムルシアカステジョン-カステジョカンタブリアビスカヤラ・リオハバレンシア-バレンシアポンテベドラギプスコアアルメリアレオンバジャドリブルゴスハエンカセレストレドジローナタラゴナシウダ・レアルウエルバセゴビアサラマンカクエンカサラゴサナバーラテルエルサモラアラバ-アラバアビラバダホスオウレンセソリアアルバセテパレンシアグアダラハラカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカ
X
Canarias ランサローテ島テネリフェ島ラ・パルマ島グラン・カナリア島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島