時間を遡って旅してみたいですか?中世の日やマーケットが開催されているスペインの数多くの街や村へ行くと、そんな風に感じることでしょう。歴史、楽しさ、文化が融合するお祭りイベントが、夏にたくさん開催されます。

吟遊詩人トルバドゥール、商人、大道芸人、騎士、乙女など...特に夏の時期スペインの多くの地域では、このような主人公たちが数日間に渡って通りに繰り出し、あなたを中世へと誘います。スペイン全土に渡り、当時の雰囲気、伝統、イベントを再現する中世マーケットが行われます。既に重要なフェスティバルとして開催されているイベントもあり、多くの見学者たちが訪れます。

全般的に沢山の人が参加するイベントです。地域住民のほとんどが純粋に情熱を注いで参加します。当時の装いで身をまとい、伝説と戦いを舞台で演じ、中世の名物料理を作り...雰囲気を出すために、通りをバナーやガーランドで飾り、道路をわらで覆います。子供たちが楽しめるよう、音楽隊、人形劇、大道芸人による賑やかなパレードも行われます。ジョスト・トーナメントや鷹の展示会といったアクティビティが行われるフェスティバルもあります。モニュメントが残されている街や村で開催されれば、見ごたえが更に増します。

手工芸品マーケットの出店をみていると、時間があっという間に過ぎてしまうことでしょう。フード、陶磁器、アクセサリー、革製品、木製のおもちゃなど何でも揃っています。スパイスやスイーツをはじめ、パン、はちみつ、チーズに至るまで伝統的手法で作られた数多くの食材を購入することができます。工芸品コーナーでは、その昔例えば陶器、鍛冶、大工職人たちがどのように作業をしていたのかを見学することができます。

中世の日やマーケットはスペインの多くの村で開催されます。以下に有名な開催地をご紹介します。中世イビサ (イビサ、バレアレス諸島): 5月第2週目の週末。イタの中世演劇フェスティバル (グアダラハラ): 7月第1土曜日。シグエンサの中世の日 (グアダラハラ): 7月第2週目の週末。プエブラ・デ・サナブリアの中世マーケット (サモラ、 カスティーリャ・イ・レオン): 8月15日付近の週末。アビラ、中世の日 (カスティーリャ・イ・レオン): 9月第1週目の週末。アルカラ・デ・エナーレスのセルバンテス週間 (マドリード州): 10月9日付近。コルナゴの中世工芸品デー (ラ・リオハ): 10月第3週目の週末辺り。ビックの中世マーケット (バルセロナ、カタルーニャ州): 12月8日付近の週末。コルドバの中世マーケット (アンダルシア): 1月末。オリウエラの中世マーケット (アリカンテ、バレンシア州): 2月初旬。




この情報はお役に立ちましたか?





X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバグラナダア・コルーニャカディスムルシアウエスカレイダバレンシア-バレンシアカセレスルゴカンタブリアラ・リオハアストゥリアスポンテベドラビスカヤアリカンテ-アラカントカステジョン-カステジョギプスコアハエンブルゴストレドレオンジローナアラバ-アラババジャドリシウダ・レアルタラゴナウエルバセゴビアアルメリアサラゴサアビラサラマンカテルエルナバーラクエンカサモラバダホスアルバセテオウレンセパレンシアソリアグアダラハラカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカフォルメンテーラ島
X
Canarias ラ・パルマ島ランサローテ島テネリフェ島グラン・カナリア島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島エル・イエロ島