ウエスカ:テンプル騎士団と聖杯を求めて




所在地

Huesca


すべての人を魅了する物語や伝説があります:テンプル騎士団とは誰で、どこに住んでいたのでしょうか。聖杯とは何でしょうか。魔女はいたのでしょうか...これらすべての質問に答えるのに役立ち、信じられないほどの謎を掘り下げることができる、旅行にお勧めの場所があります。その場所とは、アラゴン州ウエスカです。ピレネー地域にあることから、印象的な風景もお楽しみいただけます。物語が現実になる3つのルートをご紹介します。



テンプル騎士団ゆかりの地巡り

その謎は常にテンプル騎士団に関係してきました。この有名な戦士の僧侶たちは教皇クレメンス5世の命令により迫害され、13世紀には生き残るための最後のヨーロッパの場所の1つとしてアラゴンとシンカ川の土地を選びました。彼らの所有物がどのようであったかを知ることは、この地域の町や記念碑を探索するためにうってつけの口実です。ルートを進んでいくとフラガなどのいくつかの場所を通過しますが、その中でも特にお勧めの場所をご紹介します。モンソン後にハイメ1世征服王となる幼児ドンハイメがテンプル騎士団の指導の下で教育を受けた城を訪れることができます。実際、この城にはテンプル騎士団が包囲攻撃を行ったときに使用した多数の通路があります。たいまつを持ってどのように走ったかを想像できますか。この地域で宿泊をする際は、モンソン城を背景に、シンカ川から昇る日の出をぜひお楽しみくださいさらに5月の週末には、大規模なテンプル騎士団パレードとともに中世市場が開催されます。それはまるで13世紀に遡ったかのようです。他の村にもご興味ある方は、コフィタ(サンタ・マリア・マグダレナのロマネスク様式の教会にテンプル騎士団の彫刻とマルタ十字架があります)、ベルベルデシンカ(最後のテンプル騎士団が囲まれたダンジョンが保存されています)、またはチャラメラ(火の玉でカタパルトで攻撃された最後のテンプル騎士団に抵抗した場所)をお勧めします。アラゴンを訪れた際、ウエスカからテルエルまで行くことも可能です。そこでもテンプル騎士団は権力を持っていました。実際、マエストラズゴ(モンゾンから約250キロメートル)の地域には、テンプル騎士団を専門に扱った4階建てのビジターセンター、トレオン・テンプラリオ・デ・カステッロテがあります。また、このエリアでは週末になるといくつかのレストランでテンプル騎士団メニューが提供されるようになりました。それは13世紀にテンプル騎士団が何を食べたのかを確かめる独自の方法です。鹿ロース肉のマリネはいかがですか?イチジクと蜂蜜を添えた3種類の白(カード、リコッタチーズ、ホイップリーム)のカップはいかがですか?(詳細はwww.turismomaestrazgo.comでご覧ください)  

聖杯ゆかりの地巡り

まず、聖杯とは何かを説明するところから始めましょう。それはイエスと弟子たちの最後の晩餐に使われた杯であり、何世紀にもわたって、誰もが目にしたい遺物、そして真の崇拝の対象になりました。今日では、いくつかの聖杯が保存されており、それらは聖杯である可能性があると言われていますが、バレンシアの大聖堂に保管されている聖杯は、本物である可能性が高いと推定されています。では一体、バレンシアに到り着くまでに、聖杯はどこを通ってきたのでしょうか?正解です。それはウエスカです。ウエスカの各地を巡り、伝統に触れる伝説のコースをご提案します。聖杯が聖ロレンソの手に渡り、殉教する前にウエスカの家族に渡したという物語です。1071年に山の印象的な記念碑であるサンファンデラペニャ修道院に到着するまで、アラゴンを通る聖杯の旅が始まります。お見逃しなく。聖杯は1399年までそこに隠されていたようで、修道士が聖杯金と宝石で飾った場所でした。伝説によると、チャリスを見守っていた守衛の修道士は100歳以上まで生き、ランスロット、アーサー王、円卓の騎士などの人物のインスピレーションとして役立つ場所です。この記念碑のすべてが謎を解き明かしているようです(バレンシアの聖杯のレプリカが保存されています)。さらに6月末には、王室騎士団が新しいメンバーを青いマントで招待します。さらに、その取り巻く景色は圧巻です。絶景を楽しくためにバルコン・デ・ロス・ピリネオスの展望台はおすすめです。 また、ハカ(大聖堂が聖杯を救いました)、ウエスカ市(「聖ロレンソと聖杯の場所」のイベントを祝います、会議やガイド付きツアー)、バイロ(9月に中世市場、魔法、アーチェリーで聖杯の歴史的なレクリエーションの日が開催されます)など、地域内のその他の場所を訪れることもできます。

魔女ゆかりの地巡り

謎にご興味がある方は、このプランをお忘れなく。アルト・ガジェゴとして知られる地域は、15世紀と17世紀に行われた魔術に関連するすべての出来事で有名です。当時の魔女に対する恐怖であり、魔女を特定するために「プロの魔女鑑識家」が生まれました。多くの女性が有罪判決を受け、それらの女性とその家族はすべての権利を失いました。今日ではすべてが忘れ去られ、地域全体が驚かされる景色の居心地の良い場所となっています。たとえばテナ渓谷では3000mの山々、そして魅力あふれる村々を眺めることができます。ただし、旅行中に間違いなく当時を思い出させる兆候を見つけられることでしょう。オマ・デ・ガジェゴ(魔女の源泉があります)、アクムエル(伝説では魔術師だった理髪師が3人の登山家に飛んでトロサの魔女を訪ねるよう説得したと言われています)などの場所を通っていきます。魔女が飛ぶと、彼らは恐怖を感じて振り向いたのです。それ故に、アクムエルには、ボロ・デル・ディアブロとして知られる穴があいた石、ビエスカス、サンタ・エレナ(悪魔の喉や悪魔の橋のような場所、または若い男が悪魔と女性の愛を得るために悪魔に同意した言われている場所)、オス・デ・ハカ(ウエルト・デ・ラス・ブルハスまたはラ・エンカンターダ洞窟)、ベタトの森(ピエドラフィタ・デ・ハカの近くにあります。妖精が住んでおり、魔女の集会に関連していると言われています)があります。ピレネー山脈には魔女の物語がたくさんあり、よく見ると、家の煙突やまぐさの十字架にかかしを見ることができます。渓谷を歩くと、ヒヨスやベラドンナなどの魔法と考えられてきた植物が見つかります。女性はその果実を使って瞳孔を拡張させ、より美しく見せていたのです。 おすすめ6月に旅行を計画されるなら、サレント魔女フェスティバルに参加できます。ストーリーテラー、幽霊ジムカーナ、恐怖の道、魔法市場などが企画されます。



この情報はお役に立ちましたか?






X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバア・コルーニャグラナダカディスアストゥリアスルゴムルシアウエスカアリカンテ-アラカントレイダラ・リオハカンタブリアカステジョン-カステジョビスカヤバレンシア-バレンシアギプスコアポンテベドラアルメリアレオンバジャドリブルゴストレドハエンカセレスジローナタラゴナアラバ-アラバシウダ・レアルセゴビアウエルバクエンカサラマンカテルエルサラゴサナバーラサモラバダホスアビラオウレンセアルバセテパレンシアソリアグアダラハラカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカ
X
Canarias ランサローテ島テネリフェ島グラン・カナリア島ラ・パルマ島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島