マドリードのアトーチャ駅

マドリードからの小旅行

この記事を閲覧しているのは、休暇にマドリードに行こうと決めているか、少なくともそれを計画しているかでしょう。 マドリードを訪れることは良い決断です。各種文化イベントが多く行われており、王宮やエルプラド美術館のような、人生で少なくとも一度は訪れる価値のある素晴らしいモニュメントがある活気に満ちた街です。 しかし、マドリード滞在中に近郊の都市を訪れることもお勧めします。 ここでは小旅行が可能な世界遺産都市4都市、そしてその他の近郊の目的地をご紹介します。 レンタカー、電車、バスで行くことができます:

  • 1 アルカラ・デ・エナーレス
  • 2 トレド
  • 3 セゴビア
  • 4 アビラ
  • 5 アランフエス
  • 6 サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル
  • 7 その他、ビリャス・デ・マドリード

アルカラ・デ・エナーレス

マドリードまでの距離: 約36㎞。 アクセス方法: 電車で: C-2ライン (グアダラハラ- アルカラ・デ・エナーレス- マドリード (アトーチャ)- チャマルティン) 、 C-7ライン (アルカラ・デ・エナーレス- マドリード (アトーチャ)- チャマルティン- プリンシペ・ピオ- アトーチャ- チャマルティン- トレス・カントス)。 バスで: 223線、アベニーダ・デ・アメリカのインターチェンジ発。 アルカラ・デ・エナーレスについての観光情報

最も有名なスペイン人作家の生誕地であるだけでなく、他にも見所がある街です。 ミゲル・デ・セルバンテス 実際、そこには16世紀の家を再現した、セルバンテス生家博物館があります。 博物館の入り口横には、セルバンテスの最も有名な文学の登場人物であるドン・キホーテとサンチョ・パンサの像があります。 記念写真をお忘れなく。 アルカラ・デ・エナーレスの見学コースには、美しいセルバンテス広場、典型的なアーケードのあるマヨール通り、忘れてはならないコラル・デ・コメディアス、大聖堂、サン・イルデフォンソ学生寮、街で最も美しい建物の1つである大学長オフィスの建物もあります。 アルカラ・デ・エナーレスは豊富な種類のタパスで有名であり、このスペインの習慣に習ってタパスを食べることは素晴らしいアイデアです。 どうぞ召し上がれ!  

トレド

マドリードまでの距離: 約72㎞。 アクセス方法: 電車で: アトーチャ駅から高速鉄道AVEで。 バスで: エリプティカ広場発のアルサ-コンティネンタル社のバスで。 トレドの観光情報

マドリードに滞在中、誰もがカスティーリャ・ラ・マンチャにあるこの世界遺産都市を訪れたいと思うことでしょう。 小旅行に欠かせない目的地の一つです。 その最も有名なモニュメントには驚かされます。アルカサル、サン・ファン・デ・ロス・レイエス修道院、大聖堂、クリスト・デ・ラ・ルスのメスキータ、ビサグラの門、橋などが挙げられます。 そして、「三文化の都市」では、教会、モスク、ユダヤ人街が見られます。 路地を歩き、中世の剣を売る伝統的なお店を見たり、渓谷の展望台から景色を望んだりすると、あたかもその時代に旅しているような感じがすることでしょう。 この街は、エル・グレコなどの画家に何らかの影響を与えたに違いありません。街にはエル・グレコの博物館があります。 2つのヒント:夜に照らされた街の伝説を知るガイドツアーでライトアップされた街をお見逃しなく。そして典型的な料理を味わいましょう。

セゴビア

マドリードまでの距離: 約92㎞。 アクセス方法: 電車で: アトーチャ駅から高速鉄道AVEで。 バスで: モンクロア駅発のラ・セプルベダナ社のバスで。 セゴビアについての観光情報

カスティーリャ・イ・レオンのこの有名な世界遺産は他に類を見ないものです。1世紀の旧ローマ帝国の水道橋にはモルタルなしで結合した合計167のアーチがあります。 堂々たるものです。 数多くの写真撮影の後には、大聖堂、アルカサール、船首のように丘上にまたがる城宮殿など他の「発見」が待ちかまえています。 ディズニーの有名な城の一つとしてインスピレーションを受けているとも言われます。 塔の渦巻き階段を152段登ると、セゴビアの素晴らしい景色が見えます。 ちなみに、最も典型的な料理である子豚の丸焼きを味わうことなしに街を去る人はいません。

アビラ

マドリードまでの距離: 約111㎞。 アクセス方法: 電車で: マドリード-チャマルティン駅発の電車で (中距離列車または普通列車)。 バスで: メンデス・アルバロ南駅発のR.J社のバスで。 バス。 アビラの観光情報

このカスティーリャ・イ・レオンの4番目の世界遺産の町で最も注目を呼ぶのは、周囲2,500メートル以上、87の塔、9つの門がある城壁です。 世界で最も保存状態の良好な城壁都市であり、さまざまな映画のロケ地となっています。 また、城壁に登ると、素晴らしい景色が見られます。 大聖堂、サン・ビセンテバシリカ教会堂、修道院、サンタ・テレサ博術館などの他のモニュメントもお見逃しなく。 街で非常に独特な場所は、クアトロ・ポステスです。城壁がライトアップされるまで日の入りを眺められる唯一の展望台です。 アビラの名物料理を味わうには、「トリーアダ・ガストロノミカ(グルメ3品)」をお勧めします。 フディアス・デル・バルコ(豆料理)、チュレトン・デ・テルネラ(仔牛のステーキ)、ジェマス・デ・サンタ・テレサ(卵黄のお菓子)が挙げられます。

アランフエス

マドリードまでの距離: 約49㎞。 アクセス方法: 電車で: C3ライン、アトーチャ駅またはチャマルティン駅から また、マドリッドのマドリードのプリンシペ・ピオ駅から観光列車からが出ており、イチゴ列車が通常、4月から6月までと9月から10月までの間運行しています。 バスで: マドリード南駅発のバスで。 アランフエスについての観光情報

マドリード州に戻り、その文化的景観により世界遺産に登録されるアランフェスをお勧めします。 文化的景観とは? 主に王と王妃の春の住居であった宮殿のような壮大な庭園やモニュメントのことであり、500年の歴史を遡る旅となります。 庭園のなかで最も大きいのはプリンシペ庭園であり、数多くの石や大理石の噴水、ファルーアス・レアレス博物館、レアル・カサ・デル・ラブラドールの美しい宮殿があります。 多くの旅行者は、旧市街や闘牛場を訪れたり、列車(チキトレン)や観光船に乗ったりして一日を終えます。 また、シーズン(春と夏)中、特産のイチゴを食べることをお忘れなく。

サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル

マドリードまでの距離: 約49㎞。 アクセス方法: 電車で: C3ライン、アトーチャ駅またはチャマルティン駅から また、マドリッドのマドリードのプリンシペ・ピオ駅から観光列車からが出ており、イチゴ列車が通常は4月から6月までと9月から10月までの間運行しています。 バスで: マドリード南駅発のバスで。 サン・ロレンソ・デル・エスコリアルについての観光情報

マドリードのこの地の 「宝」は明らかに1つ、サン・ロレンソ・デ・エル・エスコリアル修道院であり、世界遺産にも登録されています。 小旅行として訪れる価値があります。 16世紀にフェリペ2世が建設を命じたこのモニュメントには、修道院だけでなく、パンテオン、宮殿、大聖堂、素晴らしい図書館などがあります。ここは、「世界8番目の不思議」とみなされるようになりました。 一日中この街で過ごしたい場合は、王女の家や王子の家を見学したり、旧市街を散歩したり、鍛冶屋の森(ボスケ・デ・ラ・エレリーア)にあるフェリペ2世の椅子(シーリャ・デ・フェリペ・セグンド)と呼ばれる修道院の最高の景色が眺められる自然の真ん中にある展望台を訪れたりすることができます。

その他、ビリャス・デ・マドリード

ビリャス・デ・マドリードについての観光情報

首都からのより多くの小旅行のオプションをお探しで、より多くのアクティビティーを行う日数がある場合、いつでも、いわゆる「マドリードの村(ビリャス・デ・マドリード)’に立ち寄ることができます。 具体的には、魅力的な6つの観光地があり、文化遺産や自然地域として、次のような場所があります。 ナバルカルネロ (車で34㎞)、チンチョン (47㎞)、ヌエボ・バスタン (48 ㎞)、 コルメナル・デ・オレハ (58㎞)、ブイトラゴ・デ・ロソヤ(83㎞)、ラスカフリア(103㎞)。


この情報はお役に立ちましたか?



X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバグラナダア・コルーニャカディスムルシアウエスカバレンシア-バレンシアルゴレイダラ・リオハアストゥリアスカセレスカンタブリアポンテベドラアリカンテ-アラカントカステジョン-カステジョビスカヤハエンギプスコアレオントレドブルゴスシウダ・レアルアラバ-アラバウエルババジャドリタラゴナジローナセゴビアアルメリアサラマンカアビラクエンカナバーラサラゴサテルエルサモラバダホスオウレンセアルバセテパレンシアグアダラハラソリアカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカフォルメンテーラ島
X
Canarias ランサローテ島ラ・パルマ島テネリフェ島グラン・カナリア島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島エル・イエロ島