所在地

Bizkaia


2日間で、ヨーロッパでもっともアバンギャルドな街の一つを楽しもうとお考えなら、スペイン北部のビルバオを訪れるプランをおすすめします。ビルバオ グッゲンハイム美術館でも知られるように、世界中から建築家が集まり、彼らが設計した目を疑うような建物に出会うことができるでしょう。他にも魅力があります。スペインでももっとも高い評価を受けている料理の一つをお楽しみいただけます。



1日目:型破りなビルバオを巡る

近代的なビルバオを知るためにはアバンド地区を訪れ、川を渡り、モニュメントの数々を訪れてみるのはいかがですか。シルクラル広場の観光案内所からスタートしましょう。まずはブエノス・アイレス通りを進み、川を渡り、高貴な市庁舎に到着します。最初の写真撮影の場所です。建物の前に位置する彫刻や街と川など、この建物からの眺めは絶景です。高所から川沿いの心地よいカンポ・ボランティン歩道を進みます。サンティアゴ・カラトラバによって設計されたスビスリ橋に到着します。ガラスの地面とヨットの形に目を奪われることでしょう。川の反対側へ行く前に、アルチャンダ・ケーブルカーに乗ってみるのはいかがですか。まずは右方向に進み、ムヒカ・イ・ブトロン通りを通り、ケーブルカー乗り場に到着します。このような乗り物は楽しみに満ち、わずか数分間で標高800メートル以上の展望台まで運んでくれます。ここから街の最高の姿を眺めることができ、川も一望できます。革新的な建築ケーブルカーで下に戻った後もビルバオの美しい姿が頭に残っているでしょうが、次にカラトラバの歩道を通り、川を渡りましょう。ウリビタルテ歩道を進むと至宝にたどり着きます。著名な建築家であるフランク・ゲリーにより設計された眩いばかりのビルバオ グッゲンハイム美術館です。未来型の船が川辺に引き上げられたような街のシンボル的な存在です。入口で巨大な蜘蛛の彫刻と出会った時や、この建物の素材であるチタン材にさまざまな色が反射された時などは魔法の世界に入ったかのような錯覚を覚えることでしょう。中に進むと展示された数々のコレクションによる絶景が広がります。美術館の出口では他の興味深い作品が目に入ります。花をベースにした12メートルの犬「パピー」が展示されており、この作品はビルバオのアバンギャルドな美観のシンボルの一つです。夕方には街のもう一つの重要な美術館であるビルバオ美術館を訪れてみてはいかがですか。ビルバオ グッゲンハイム美術館から5分もかからない距離にあり、美術館のすぐ後ろには街の要の一つであうドニャ・カシルダ都市公園があります。公園の反対側にはエウスカルドゥナ宮殿(船を模った会議場とコンサート会場)があります。アドバイス エウスカルドゥナ宮殿の訪問は土曜日12時だけです。 スポーツがお好きな方には川の両岸に自転車専用道路があります。観光バスもあり、ビルバオ グッゲンハイム美術館をスタートし、15カ所に止まり、何回でも自由に乗り降りできます。 観光カードである「ビルバオカード」はインターネット経由か観光案内所で購入することができ、ビルバオカードを使うと公共交通を無制限で利用することができ、お店やレストラン、公園、レジャー施設などで割引を受けられます。 ビルバオ グッゲンハイム美術館の横にある観光案内所で街のガイドツアーに申し込むこともできます。 最高のショッピングエリア市役所まで戻るのに一番楽な方法の一つが街の路面電車を利用することです。一方でビルバオのエル・エンサンチェ地区を散策し、ショッピングもお忘れなく(街の中心で、街で一番のショッピングエリアです)。まずは壮大で広々としてドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ大通りまで行ってみましょう。 世界的に有名なデザイナーのお店が集まり、そのショーウィンドウが並んでいます。ぜひ散策してみてください。この大通りではチャバリ宮殿、地方協議会の宮殿といった街の象徴的な建物やノーマン・フォスターによってデザインされた「フォステリートス」と呼ばれるユニークな地下鉄の入口を見つけることができます。モジュア広場からレカルデ並木道を下り、近代的な施設であるアスクナ・セントロアを散策してみてはいかがですか。昔のワイナリーを使っており、街のレジャーの中心地となりつつあります。文化が漂う中庭の天井はプールになっており、見る人を驚かせます。歴史が漂う一杯のコーヒー...それに豪華なディナー朝スタートしたシルクラル広場まで戻ることができます。ビルバオの街の創設者であるドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロの彫像が迎えてくれます。近くには落ち着いた雰囲気のアルビア庭園があり、一休みするには最高の場所です。なぜ?この場所で長い歴史と美しさを誇るカフェ・イルニャを見つけることができます。ビルバオの象徴的な一角で、心地よいデコレーションの中、政治や文学の雑談を楽しむことができます。街には世界的に有名なレストランの数々があり、ディナーにはお勧めです。ビルバオの観光ウェブで充実したガイドを見つけることができます。.

2日目:旧市街地を味わう

2日目は伝統的なエリアである旧市街地の散策に最適です。アレナル歩道からスタートしましょう。日曜日なら川沿いに美しいサプライズがあります。人で賑わう野外の美しい花市場です。好きな花束を見つけることができます。ここからフエロス通りを通り、ウナムーノ広場に到着します。常に人で賑わい、コーヒーを飲むには最高の場所です。その後ろにはカルサダス・デ・マジョナの213段の階段があります。興味深い写真を撮るため登ってみるのも良いかもしれません。階段の頂上まで登るなら、ベゴーニャ教会の方へ行ってみましょう。ただ、少なくとも30分は必要で、旧市街地からも遠ざかってしまいます。このプランに興味がある方はランチ後に行ってみるのも良いかもしれません。街で一番古い地区の散策を続けましょう。ビルバオの伝統を味わうためには、石畳の路地に迷い込んでみるのが一番良い方法です。落ち着いた雰囲気の路地で美しいモニュメントや広場、工芸品の工房、さまざまなお店を見つけてみてはいかがですか。「ラス・シエテ・カジェス(ソメラから始まる平行の道)」のような有名なエリアはもっとも人気のある場所です。途中、その周辺ではリベラ市場(ヨーロッパ最大の屋内市場。色とりどりのステンドグラスが目を引き、食事をすることもでき、レストランの食材などの買い出しもできます)、サン・アントン教会、サンティアゴ教会(ビルバオの街で一番古い教会)、証券取引所の建物もあります。ちょうどここで地面に興味深い印を見つけることができます。旧市街地の中で唯一ベゴーニャ教会が見える位置が示されています。散策の最後にビデマリエタ通りを通り、再び美しいアレナル広場に到着し、街を象徴する気品に満ちたアリアガ劇場を眺めてみてはいかがですか。ピンチョスを楽しもういろいろな場所の多くの店で食欲をそそられたかもしれませんが、ちょうど食事の時間です。ヌエバ広場という特別な場所へ行ってみましょう。日曜日なら64の柱廊アーチの下で開催される市場を楽しむことができます。古書や金貨、切手、コミックなどを求める多くの人々を見ることができるでしょう。旅の思い出を探しに行きませんか。この広場には食事ができる多くのバルや食堂があり、伝統的なピンチョス(通常、伝統素材による一口料理)を味わうことができます。その際は地元産、チャコリのワインもお忘れなく。どうすればいいですか。店から店をはしごし、すべてを試して、最後は広場の心地よいテラスか近辺のお菓子屋さんでコーヒーを飲むのがお勧めです。アドバイス 日曜日、リベラ市場はお休みです。



この情報はお役に立ちましたか?





スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


関連した体験をさらに読む

目的地の体験をさらに読む



X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバア・コルーニャグラナダルゴウエスカムルシアカディスカステジョン-カステジョアストゥリアスアリカンテ-アラカントビスカヤポンテベドラギプスコアカンタブリアラ・リオハアルメリアバレンシア-バレンシアトレドブルゴスハエンカセレスバジャドリアラバ-アラバレオンセゴビアタラゴナウエルバサラゴサシウダ・レアルクエンカナバーラジローナサラマンカレイダバダホスサモラオウレンセアビラテルエルパレンシアアルバセテグアダラハラソリアカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカフォルメンテーラ島
X
Canarias テネリフェ島ラ・パルマ島ランサローテ島グラン・カナリア島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島