カフェ・イルニャの内部 © Café Iruña

スペインの世紀を超えるカフェと著名な顧客たち

スペインには100年以上の歴史を誇るカフェがあることをご存知ですか?こちらではピカソ、ダリ、ブニュエル、ロルカ、ソローリャ、マチャド、ファリャをはじめとするアーチストたちが関係するカフェとその歴史をご紹介します。多くのカフェに、当時の装飾やボヘミア調の雰囲気が残されています。そこには美味なコーヒーと共に過ごすひと時、その昔文学者や芸術家たちが集ったスタイルで楽しむ会話など、全ての術が揃っています。

カフェ・ヒホンとカフェ・コメルシアル、マドリードグラン・カフェ・ヒホン(Gran Café Gijón)は恐らくスペインで一番人気の文学カフェで、ロルカ、ペレス・ガルドス、バリェ・インクラン、ダリ、ブニュエルなどの著名なアーチストたちが集った場所です。また集会に女性が出席したパイオニアともなるカフェで、有名なスパイ、マタ・ハリも訪れました。レコレトス通り21番(Paseo de Recoletos 21)にあります。一方カフェ・コメルシアル(Café Comercial)は1887年にオープンし、街で一番古いカフェであると言われています。2017年に再びその扉が開かれたこのカフェは、カウンター、照明などをはじめ多くの要素が当時のまま使用されています。歴史の数々が刻まれた美しい部分は今も尚残されており、アントニオ・マチャド、ハルディエル・ポンセラや近年のルイス・ガルシア・ベルランガ、フランシスコ・ウンブラル、フォルヘス、ぺレス・レヴェルテがその歴史に名を連ねます。カフェ・コメルシアルはグロリエタ・デ・ビルバオ7番(Glorieta de Bilbao, 7)にあります。

アルス・クアトラ・ガッツ(Els Quatre Gats)、バルセロナバルセロナのボヘミアとモデルニスモのシンボルピカソはこの地で初の展覧会を開き、ルシニョールと共にポスターをデザインしました。ピカソやモデルニスモ芸術家のアントニ・ガウディ、ラモン・カサス、サンティアゴ・ルシニョール、そしてイサック・アルベニス、エンリケ・グラナドスなどの音楽家が足しげく通い、芸術のるつぼとなったサロンです。また、ウディ・アレンの“それでも恋するバルセロナ(Vicky, Cristina, Barcelona)”の舞台としても使われました。今日では当時のカフェを引き継ぎ、モンシオ通り3番(Calle Montsió 3)の美しいカサ・マルティ一階にて営業が再開されています。カフェ・ノヴェルティ(Café Novelty)、サラマンカ1905年創業の街で一番古いカフェのサロンでは、腰を掛けた作家トレンテ・バジェステール像がお出迎えします。アルフォンソ13世をはじめとし、歴史上の人物たちが晩餐をとり行った場所としても有名です。この地でスペイン国営ラジオの誕生したと言われており、トレンテ・バジェステール、カルメン・マルティン・ガイテ、ウナムノといった文学者たちの集いの場でした。カフェ・ノヴェルティは、マヨール広場(Plaza Mayor)にあります。

ディンドゥラ(Dindurra)、ヒホンアストゥリアス州で最も大切なカフェの1つとされ、芸術家と政治家たちが集まるこのカフェは、1898年に劇場として創業後、伝説のディンドゥラへと姿を変えました。数年後にはアールデコ装飾が施され、戦争を生き延びたその要素は今日でも残されています。一時は閉鎖された扉が、2014年に再オープンされました。ベゴニャ通り11番(Paseo Begoña 11)にディンドゥラはあります。カフェ・イルニャ(Café Iruña)、ビルバオ最高のコーヒーが飲める、街の定番とされています。1903年の創業以来、ビルバオ文化のホットスポットとなっています。ピオ・バロハやミゲル・デ・ウナムノなどのバスク詩人・作家が通い詰めたカフェであったことは、事実です。 カフェ・イルニャはアルビア庭園にあります。

カフェ・イルニャ(Café Iruña)、パンプローナ1888年、街で初の電灯がつけられた店として創業し、作家アーネスト・ヘミングウェイが通い、お気に入りの席を設けたカフェです。現在もアメリカ人作家は銅像に姿を変えてカフェに存在し、『日はまた昇る』、『誰がために鐘は鳴る』、『老人と海』などの執筆はこの場所でスタートしたと言われています。カフェの装飾には当時の照明、高い天井、大きな鏡などのボヘミアンスタイルが残されています。カフェ・イルニャは、カスティーヨ広場44番(Plaza del Castillo44)にあります。カフェ・ロヤルティ(Café Royalty)、カディス扉をあけて店に入ると、そこは既に20世紀初期の雰囲気が漂います。その全てが創業当時、1912年にあなたを誘います。天井に描かれた美しい絵画、金箔が施された石膏、当時の家具などを鑑賞しましょう。かつて文学者、政治家、音楽家たちがここで集い、有名作曲家マヌエル・デ・ファヤのコンサートまで行われました。一時はその姿を潜めたカフェも、2008年に再びその扉を開きました。今はカンデラリア広場(Plaza Candelaria)で楽しむことができます。


この情報はお役に立ちましたか?



X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバグラナダア・コルーニャカディスムルシアバレンシア-バレンシアウエスカレイダカセレスルゴラ・リオハアストゥリアスカンタブリアビスカヤアリカンテ-アラカントカステジョン-カステジョポンテベドラハエンギプスコアトレドブルゴスレオンアラバ-アラバジローナバジャドリウエルバシウダ・レアルタラゴナセゴビアアルメリアサラマンカアビラテルエルサラゴサナバーラクエンカサモラバダホスアルバセテオウレンセパレンシアソリアグアダラハラカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカフォルメンテーラ島
X
Canarias ラ・パルマ島ランサローテ島テネリフェ島グラン・カナリア島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島エル・イエロ島