シウタデラ・デ・メノルカ

所在地

Menorca

メノルカ島の西端には、島の古都シウタデラがあります。島の遠い祖先は、その周囲にタウラ、タラヨット、およびナベタなどの巨石モニュメントの形で重要な考古学的遺産を残しました。この美しい港町の歴史的中心部エス・ボルンには、数多くの宮殿、教会、砦がそびえ立つ中世の通りがあります。その付近には素晴らしいメノルカ島の海辺や入り江、そして静かな漁村があります。これらに加えて、魚介類中心の食文化がシウタデラをさらに魅力的な町にします。

詳細

シウタデラの現在位置およびメノルカのその他の地域には、紀元前2000年以降の人間の原始的住居の形跡が見られます。その証拠となるのは、タウラス(T字型の巨石遺跡)、タラヨット(塔型の建築物)、ナベタス(船を逆さにした形の葬式用建築物)など、保存されてきた豊富な考古学的発見です。これらの遺跡により、メノルカ島はまるで野外博物館のような場所として存在しています。古代ローマの植民都市イアモ(現在のシウタデラ)は、特に紀元後73~74年から規模が拡大し始めました。 ちょうどウェスパシアヌス帝がこの町を自治体として認めた頃です。中世初期のシウタデラは島の政治・行政の中心地であり、何世紀にもわたってイスラム勢力を維持していました。13世紀以降、メノルカはアルフォンソ3世によって征服され、キリスト教の支配下に置かれました。18世紀にメノルカ島を支配したイギリス人がマオー=マオンに首都を移すまで、シウタデラは首都としての地位を維持しました。その後も、シウタデラは現在までメノルカ司教の住居であり続けました。シウタデラの町シウタデラの醍醐味は、中世の街並みを歩いて観光することです。都市の旧市街の中心には、中世城塞の練兵所だったエス・ボルンがあります。オベリスクが、町で行われる祭やその他の社交行事の伝統的なシーンの主役を演じます。昔のアラブ宮殿に建設された市役所は、この広場にある主要な建物の一つです。現在の市役所は19世紀に建てられたものであり、当時の構造の名残が見受けられます。また、近くのサロルト宮殿の一部を訪れることができる時期もあります。そしてその隣には、島の伝統的なモチーフで装飾されたユニークな新古典風の赤いファサードを持つ、町の代表的な建物のひとつであるビボ宮殿があります。中心部の大聖堂は、イスラム時代のシウタデラにあった主要なモスクの旧地に、アルフォンソ3世が14世紀に建設を命じたものです。その際、モスクの尖塔は鐘楼へと改築されました。カタロニアのゴシック様式のこの壮大な聖堂には、1つの身廊と6つの礼拝堂があり、その中で最も目立つのがラス・アニマスの礼拝堂(18世紀)です。宗教の中心地としてのこの都市の重要性は、サンタ・クララ修道院や旧アウグスティノ修道院の一部であった援助教会の修道院など、非常に価値のある宗教的建造物の建設に貢献しました。大聖堂の正面には、シウタデラの貴族の住居であるオリベス宮殿の新古典派のファサード建てられています。宮殿の内部には動物が描かれたフレスコ画と、プジョル・アンティク・デ・メノルカの敷地内で発見されたローマ時代の像が保存されています。最後に改装されたのが17世紀であるサウラ伯爵宮殿の外観も決して劣るものではありません。市役所の後ろにある出窓からは、街のふもとにある入り江の素晴らしい眺めを見ることができます。シウタデラの中心部から出るバスティオ・デ・サ・フォントは、16世紀に建てられた古い壁の一部だった5つの稜堡の一つです。この建物は現在、市立博物館の本部として使われています。サント・ニコラウ城では、メノルカの生物圏保護区に関する展示を行っています。グルメ、祭りと近郊海はバレアレス諸島の食文化の中心的な食材を提供してくれます。ロブスターシチューは、メノルカで最も有名な料理の一つでしょう。もちろん、卵、油、ニンニクで作られる有名なマヨネーズも忘れてはなりません。他にもイカのオーブン焼きや、魚を使った米料理、そしてトゥンベットと呼ばれるジャガイモ、ピーマン、ナス、トマトソースで作られる料理などの名物料理があります。そして、エンサイマダ(渦巻きパンの一種)やマオー=マオン産のチーズは絶品です。マヨルカのジンはジュニパーベリー風味で、島で最も一般的な飲み物のひとつです。シウタデラで最も重要な祝日は、6月23日と24日に祝われるサン・フアンの祭りです。当日は大衆が活気づく中、騎手たちが馬に乗り街の中心を歩き回ります。この地域の考古学的遺産に関しては、タラヨット時代以前(紀元前14世紀)の葬儀用の巨石遺産ナベタ・デス・トゥドンスが最も代表的と言えるでしょう。ビーチは島の主要観光スポットの一つです。シウタデラに近いのは、カラ・ミトハナカラ・トレバルヘルカラ・ガルダナで、メノルカ島で一番にぎわう沿岸地域のひとつです。フェレリエスなどの場所も訪れることができます。カルデレルやピラーのような美しい入り江に加えて、聖バルトロメウ教会(1870年)がひときわ目を引きます。アラブのセント・アガイス城はサンタ・アグエダの近くの丘の上に立っています。エス・メルカダルは、島の最高標高であるモンテ・トロのふもとに位置し、その美食と靴の工芸技術で知られています。この自治体は、サン・アントニオ城(16世紀)周辺の北海岸の小さな漁港フォルネルスを含みます。メノルカの東海岸には、島の主要湿地であるエス・グラウ沿岸礁湖自然公園、コロン島、ファバリチュ岬があります。公園の中心部は浅い沿岸礁湖があり、海鳥を観察するにはもってこいの場所です。島が提供する唯一無二の自然と文化環境、そして地球に優しい社会経済的発展により、メノルカは1993年、ユネスコによって生物圏保護区として認証されました。

閉じる




マストビジット: シウタデラ・デ・メノルカ



マップ/所在地

ご案内したオススメ見学スポットの場所を、次のマップで確認できます。 お見逃しなく!



スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


すべての活動を見る


X
Spain バルセロナセビージャマドリードマラガコルドバグラナダア・コルーニャカディスムルシアウエスカバレンシア-バレンシアルゴレイダラ・リオハアストゥリアスカセレスカンタブリアポンテベドラアリカンテ-アラカントカステジョン-カステジョビスカヤハエンギプスコアレオントレドブルゴスシウダ・レアルアラバ-アラバウエルババジャドリタラゴナジローナセゴビアアルメリアサラマンカアビラクエンカナバーラサラゴサテルエルサモラバダホスオウレンセアルバセテパレンシアグアダラハラソリアカナリア諸島バレアレス諸島
X
Baleares マヨルカ島イビサ島メノルカフォルメンテーラ島
X
Canarias ランサローテ島ラ・パルマ島テネリフェ島グラン・カナリア島フエルテベントゥーラ島ラ・ゴメラ島エル・イエロ島