Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
王女宮殿の本部にて、「ピカソ、内密の日記」展覧会。

ピカソ、内密の日記

展覧会 - 版画,絵画
Zaragoza

ゴヤ美術館とイベルカハ・スペース王女の中庭では、それぞれのサラゴサ本部にて合同でピカソの重要な展覧会を行い、このマラガ出身のアーチストに対するフランシスコ・デ・ゴヤの影響を分析します。

展覧会は、ゴヤの生誕275周年記念の一部を構成し、両鬼才に敬意を表し、このアラゴン出身のアーチストがピカソに対して及ぼした影響を紹介します。展覧会は「ラ・スイート・ヴォラール」の100作品、スペインの美術館から寄せられた油絵10点と、ピカソがキュービズムを始めることとなる20点のポショワール(段ボールまたは木材で切られた紙または型の上にスタンプを押してゆく技法)から構成されています。ピカソのあらゆる創作段階への行程を想定しています。

作品は、両本部に分かれています。こうしてゴヤ美術館はさまざまな油絵や、彫刻とミノタウルスに関連した「ラ・スイート・ヴォラール」の彫刻も収集しています。その一方で、王女の中庭ではサーカスの主題、女性、レンブラントへの敬愛やその他の油絵シリーズを収容しています。

ピカソ、内密の日記


ゴヤ美術館イベルカハ・コレクション

Calle Espoz y Mina 25

50003  Zaragoza, サラゴサ  (アラゴン)

Eメール:museogoya@obrasocial.ibercaja.es TEL::+34 976971901 +34 976397387 Webサイト: http://museogoya.ibercaja.es/