新型コロナウイルスの新着情報

安全に旅するためのアドバイス

マゼランとエルカーノによる史上初の世界一周達成500周年記念

none

スペインは、3年間にわたる歴史的マイルストーンとなった旅の出発点でした。230人以上の乗員を乗せた5隻の船が新しいルートを求めてスパイス諸島(現在のインドネシアの島々)への遠征を開始し、1522年の重要な世界一周達成で締めくくられました。 この歴史的な出来事を記念したイベントが、2018年から2022年にかけてスペインで行われます。このイベントは、旅の出発港(セビージャ、サンルーカル・デ・バラメダ)、テネリフェ島の寄航港、スペインのカルロス1世がマゼランが旅を開始することに合意した場所であるバリャドリッドに特に関連しています。 記念イベントプログラム この3年間で、展示会や会議からコンサート、舞台芸術ショー、演劇ルート、子供向けワークショップまで、約200種類にわたる文化イベントが行われます。 その中でも、スペイン文化活動公社およびインディアス総合古文書館が主催する航海記展「史上最長の旅(El viaje más largo)」、そしてこの素晴らしい冒険の重要性と国際的な影響を語る、海軍博物館の展覧会「史上初の世界一周を達成した者たち-マゼランとエルカーノの世界一周の旅-(Fuimos los primeros. Magallanes, Elcano y la Vuelta al Mundo)」が特に重要なイベントです。舞台芸術では、ナウモン号で世界を巡るラ・フラ・デルス・バウスの「スファエラ・ムンディ」ショーや、オペラ「マゼラン:すべてのバラにはトゲがある」の初演は必見です。 航海ルートのレプリカ もちろん航海に関する催し物なども行われ、そのひとつが、サンルーカル・デ・バラメダでビクトリア号のレプリカと共に祝われる、遠征に参加した船員を称える祭りです。この船では、500周年記念を代表するさまざまな都市の港を巡る国際的プロモーションツアーが実施され、参加者はマゼランとエルカーノの偉業について学ぶことができます。 ビクトリア号のレプリカ以外にも、ツアーに使用される船があります。AGNYEE(Asociación de Amigos de los Grandes Navegantes y Exploradores Españoles:スペイン大航海士と探検家の友の会)の21メートルの帆船PROSは、セビリアから出航し、世界一周の旅のルートを再現し、500年前にマゼランとエルカノが立ち寄った港に3年間かけて寄港します。

マゼランとエルカーノによる史上初の世界一周達成500周年記念


Webサイト:http://vcentenario.es/

おすすめプラン

インスピレーションを得るプラン