Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
詳細と広告全体: アルフォンス=マリー・ミュシャ、モナコ・モンテ・カルロ、1897年国立カタルーニャ美術館、プランディウラ・コレクションで取得、1903年

現代生活の広告。広告芸術のルーツ

展覧会 - グラフィックアート,挿絵
Sevilla

広告アピールとして、そして芸術作品として芸術広告を再発見する、広告の黄金時代のウインドウ。

アルフォンス=マリー・ミュシャ、アンリ・ド・トゥローズ=ロートレックまたはラモン・カサスのような広告芸術家が、展覧会で紹介されています。展示作品は、世紀の変わり目、そして産業、文化、社会生活といった分野における1900年代のヨーロッパの現代性を反映しています。カラーリソグラフィーの技術的価値、そして広告や芸術美学において日本の版画が提起したリノベーションを再発見することになります。

展示された広告の多くは、国立カタルーニャ美術館(MNAC)のコレクションです。また、ビルバオ美術館、フレデリック・マレス美術館やマル・マルティ・コレクションなどに由来する版画も展示されています。

現代生活の広告。広告芸術のルーツ


カイシャフォルム・セビージャ

Torre Sevilla, calle López Pintado

41092  セビージャ  (アンダルシア)