Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
展覧会:現在の視点

永遠の大聖堂。過去と現在の視点

展覧会 - 写真,版画,絵画
Burgos

16世紀から20世紀までの、絵画、彫刻や写真を通じたブルゴス大聖堂の姿を目にする芸術の道のり。展覧会は、ユネスコの世界遺産に指定されたブルゴス大聖堂の800周年を記念して行われます。

展覧会では、200名を超える芸術家の作品を通じて、ブルゴス大聖堂の画像を通じた二重の道のりを提案します。ブルゴス人類進化博物館では、140点を超える作品を通じてこのモニュメントの歴史的視点(「過去の視点」)が展示されますが、その中にはホアキン・ソロージャの絵画や、ペレス・ビジャアミルの彫刻などが際立ちます。その一方、同聖堂の現在の解釈(「現在の視点」)はブルゴス進化フォーラムで、存命の彫刻家、画家や写真家の作品114点を通じて展示されます。

永遠の大聖堂。過去と現在の視点


Burgos, ブルゴス  (カスティージャ・イ・レオン)