Travel Safe

安全に旅するためのアドバイス 最新ニュース
ロイ・リキテンスタイン。ウォレス・ティン作「少女/スプレー缶」。「ワン・セント・ライフ」(1963年)

アメリカンドリーム。ポップアートから現代美術まで

展覧会 - グラフィックアート
Zaragoza

1960年からの北米グラフィックアートを分析できる展覧会は、アンディ・ウォーホルやジャスパー・ジョーンズ、ロイ・リキテンスタインなどのアーティストによるグラフィック作品を堪能できる唯一の機会とも言えるでしょう。  

展覧会には200点以上の作品が集められ、その多くが大英博物館の所蔵品です。ポップアートから始まり、抽象芸術やミニマリズム、フォトリアリズムなどの動きを辿りながら、過去60年間のアートシーンにおける彫刻の造形芸術革命を見ることができます。展覧会では、特にアメリカのビジュアルカルチャーにおけるポップアートの浸食から始まったグラフィックアートを分析しています。その動きの中、新たな購買層として中流階級の人々でも作品の版画が購入できるようになりました。アンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタイン、ウィレム・デ・クーニング、リチャード・エステスやロバート・ラウシェンバーグなどのアーティストたちは、消費主義や政治、フェミニズムや公民権など、その時代の社会問題に対する批判的な見方を作品に反映させています。 

アメリカンドリーム。ポップアートから現代美術まで


カイシャフォーラム・サラゴサ

Avenida de Anselmo Clavé , 4

50004  Zaragoza, サラゴサ  (アラゴン)

Eメール:icaixaforumzaragoza@magmacultura.com TEL::+34 976768200 Webサイト:https://caixaforum.es/es/zaragoza/