このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー



Barcelona


ヴィッキー クリスティーナ バルセロナ: ウディ・アレンの見たスペイン




所在地

自治州 :
Cataluña

県/島 :
Barcelona

Barcelona


著名な映画監督、ウディ・アレンに迷いはありませんでした。 ウディ・アレンはスペインへたびたび訪問した後、スペインの虜となり、最新作「ヴィッキー クリスティーナ バルセロナ」を撮影するためにバルセロナとオビエドの2都市を選びました。 さて、今度はあなたの番です。映画のシーンとして選ばれた風景やモニュメントを発見し、ハビエル・バルデムやスカーレット・ヨハンソンらの俳優たちが登場する映画のシーケンスをよみがえらせてみませんか。 スペインをひとりのアーティストの目でご覧になってください。

パリやマンハッタンなどの象徴的な都市を描写した後、アレン監督は、最新作においてスペイン北部の各地をカメラに収めることをためらいませんでした。 具体的には、バルセロナ(カタルーニャ州)、オビエド、アビレース(両市とも在アストゥリアス州)の各都市で「ヴィッキー クリスティーナ バルセロナ」の舞台が繰り広げられます。 どこも信じられないくらいすばらしいところですが、現実のほうがもっとすばらしいことを請け合います。

アレン監督がバルセロナを選び、映画のタイトルにまでその名を入れたのは単なる偶然ではなく、台本を書く時に「バルセロナが登場人物のひとつとなるような話を創作することしか頭にありませんでした」と監督自身が公言しています。 「私はバルセロナに敬意を表したかったのです。この町とスペイン全般が大好きなので。 視覚的な美しさの豊かな町で、その感性はとてもロマンチックです。」

地中海岸の只中にあるこの町の風景の多くが、映画の中で絵葉書のように現れ、あなたにもどこだかおわかりになるでしょう。 美術がお好きなら、建築家ガウディがバルセロナに残した作品を見逃すわけにはいきません。その多くはユネスコの世界遺産に指定されています。 サグラダ・ファミリア(聖家族教会)、ハビエル・バルデムとレベッカ・ホールがトカゲの形の噴水でロケをしたグエル公園、あるいは、クリスティーナとヴィッキー(スカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホール)が訪れるラ・ペドレラ(ミラ邸)のオリジナルな屋上などが幾つかのすばらしい例です。

アレン監督は、バルセロナが様々な文化を提供する町であることも映画で語っています。ミロ美術館、カタルーニャ美術館、バルセロナ空港とミロの壁画などが映画に登場します。 こうした場所のほかに、バルセロナのロマンチックでボヘミアン、そして楽しい雰囲気を感じてみたいなら、映画のその他のロケ地をお勧めします。信じられないような街の眺めを楽しめるティビダボ遊園地、オリンピック・ハーバー、あるいは、街を象徴する大通りのひとつラス・ランブラスでは、伝統的な花屋が目を楽しませてくれるでしょう。

アレン監督が特別な愛着をもっている次ぎの町はオビエドです。 なぜかといえば、特にスペイン皇太子(アストゥリアス公)賞芸術賞を受賞して以来、アレン監督は数え切れないほどこの町を訪れているのです。 そして、オビエドの町の中心(サン・フランシスコ公園の向かい)には、いつものメガネをかけたアレン監督の像と、監督の言葉が刻まれたプレートがあります。 「オビエドは、魅惑的で、エキゾチック、美しく、清潔で、心地よく平穏で歩行者優先の街です。あたかもこの世界に属さないかのような、存在しないかのような・・・ オビエドはおとぎばなしのような町です。」

アレン監督が映画に映し出したかったのはそんな雰囲気で、町のナランコ山まで登ってみればあなたもそれがわかるでしょう。 この緑の地帯(映画の中でペネロペ・クルスがバルデムをマーサージするシーンが撮られた所)では、前ロマネスク様式の貴重な教会、サンタ・マリア・デル・ナランコ、サン・ミゲル・デ・リーリョ、そしてサン・フアン・デ・ロス・プラドスを訪れることができ、これらはユネスコから世界遺産に指定されているオビエドそしてアストゥリアス王国モニュメント群の一部です。 ラ・レコンキスタ・ホテル(アレン監督が宿泊)やこの地の伝統的な店など、どこがロケの場所となったのか探し当てながら散策するのもよいでしょう。

そして、最後のアドバイス。オビエドからわずか35KMのアビレースの町をお見逃しなく。 この町で、アレン監督はハビエル・バルデムとレベッカ・ホールの最高にロマンチックなシーンの幾つかを撮り、海を背景にサン・フアンの灯台や映画の登場人物たちが感動的なフラメンコショーを観るフェレーラ公園なども描写しました。

アラン監督が映画で描いたすばらしい美学と魅力をご自身で体験してください。 バルセロナの地中海的な官能性、あるいはサイクリングでの散策に最適なオビエドの風景の虜になってしまいましょう。 映画のショットに映し出される熱い陽光が現実のものであることを肌で感じてください。




必見スポット