プエルタ・デル・ソル広場

Instagramで最も多くシェアされたスペインの観光地 #visitspain

カメラを持たずに、どうして旅が楽しめるでしょう? 旅の写真はいつでも私たちの貴重な宝物。 自撮り、みんなでジャンプポーズ、お気に入りの絵画と撮る一枚、SNSで食べた料理を自慢する…。では、スペインを旅する旅行者はどんなところで写真を撮っているのでしょう? ここでは、2016年にインスタグラムで最も多くシェアされたスペインの観光地をご紹介します。 インスタグラマーの皆さん。お気に入りのフィルターを用意してください。 スペインはあなたのための場所です!

1) バルセロナ市内

ランブラス通り、ガウディのモデルニズム建築(カサ・バトリョラ・ペドレラ)、ゴシック地区エル・ボルン地区ボケリア市場と市場内のカラフルな売り場などが2016年に最も多く写真が撮られたスポットです。それは当然のことでしょう! なぜならバルセロナを初めて訪れた観光客は皆、街を一歩歩くたびに立ち止まって写真を撮りたくなってしまうからです。そこで、これだけ多くの写真が撮られているこの街ならではの課題を出すことにしましょう。 それは、誰よりもオリジナリティのある写真を撮ること!

2) サグラダ・ファミリア 聖家族教会

ガウディは人気者。しかも大人気です。 リストの第2位には、ガウディによるバルセロナを象徴する建築物 の一つであるこの建物が入りました。 この建物はまるで夢が大聖堂に姿を変えたような姿をしています。 内部、外部共に圧倒されるものがあります。また、ステンドグラスから差し込む光に導かれながら、塔の上まで上り、パノラミックショットを撮ることもできます。もちろんあなたの脳裏にも、その瞬間の素敵な一枚が残ることでしょう。ところで、最も興味深いこんな話をご存知ですか? 実は、この建築工事はまだ終わっておらず、正面ファサードの完成に伴い工事が完了するのは2030年前後とされています。 2026年までの建築工事の進行状況のシュミレーションをこちらのビデオ でご覧いただけます。

3) バルセロネタ海岸

インスタグラマーになるのも楽じゃないな。」 なんて思うことがあったとしても、砂に埋もれる自分達の足や、太陽の光を受けながらハート型を作る手、海で戯れる姿をレンズがとらえるだけで、そんな気持ちはどこかに消えてしまうもの。私たちのフォトツアーは、バルセロナ市内にあるビーチ、バルセロネタ海岸へと続きます。お天気に恵まれれば、この漁港の町の雰囲気を楽しむ完璧な場所となるでしょう。お勧め:魚介類や魚料理、また、タパスなどをつまみながら日没までの時間をお楽しみください。

4) グエル公園

まるでファンタジーの世界に迷い込んだような気分にさせてくれるバルセロナのこの公園 。 もともとは住宅地の庭として建設される予定だったことはご存知ですか?アントニ・ガウディによって設計されたこの公園は、誰もが訪れることができ、もちろんドラゴンの階段や86本の柱の立つ広場で、バルセロナの街を背景に思い出の一枚を撮ることもできます。ユネスコの世界遺産にも登録されているこの公園を訪れずに、バルセロナは語れません。なお、公園内のガウディの作品が集中するエリアを見学するには、入場券を購入する必要があります。  

5) サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム

他の都市へと移ることにしましょう。 スペインの首都へと移動します。スペインの偉大な「サッカーの神殿」とも呼ぶべき場所、 レアル・マドリードのスタジアムです。 1947年に設立されたこのスタジアムでは、世界で最も重要な試合の数々を観戦することができます。「ベルナベウ・ツアー」を利用して、スタジアム内やトロフィーが飾られた部屋、選手のロッカールーム、トンネル、ベンチ、パルコ(貴賓席)、記者会見場などでもあなたの最高の笑顔の一枚を撮ることができます。「グラン・クラシコ」と呼ばれる伝統の一戦、FCバルセロナ対レアル・マドリード戦のチケットを購入するのも、スタジアムへ入るもう一つの方法です。 間近で見る試合に大興奮間違いなし!

6) カンプ・ノウ・スタジアム

バルセロナに戻ります。ここではスポーツがテーマです。 サッカーファンなら、世界で最も有名なサッカーチームの一つ、バルサの名で知られるFCバルセロナのスタジアム を訪れることなくバルセロナ観光は語れません。 まさにここが、ヨーロッパ一の観客収容数を誇る、1957年から現在までFCバルセロナの数々の試合が行われてきたスタジアムなのです。「カンプノウ・エクスペリエンスツアー ミュージアムツアー」のチケットを購入すれば、スタジアムを象徴する数々のスポットやミュージアム、メッシ・スペース、マルチメディアゾーンなどが見学できます。お気に入りの選手のユニフォームと一緒に、それとも選手を真似た一枚、あなたならどちらを選びますか?

7) プエルタ・デル・ソル広場

この広場で撮る一枚は、まさにマドリード中心地の写真です。 0キロメートル地点であるこの広場からスペイン全国に広がる国道が始まっています(0キロメートル地点を示す表示が地面に記されています。ここでも一枚!)。首都マドリードを象徴するこの広場では、有名な熊とマドローニョの木の像、カルロス3世の騎士の像、時計台など、様々なモニュメントを見学することができます。 こんな疑問が湧いてくるかもしれません。 「この時計の何が特別なの?」 この時計は、毎年12月31日の夜中にその年の終わりを告げるため鐘を12回鳴らします。何千人という人々が時計台の下に集まり、鐘の音に合わせて、合計12粒のブドウの実を食べる伝統が現在でも続いています。 他の土地では味わうことのできない貴重な体験を、是非一度あなたも味わってみては?季節に関わらず、この広場はいつでも多くの人々で賑わっています。

8) レティーロ公園

街中にあるこのマドリードの公園 は、市民にとっては喧騒を逃れられるオアシス。ここでもまた、美しい一枚が撮れることでしょう。 ここを訪れる人々に人気なのが、ボートに乗って池を遊覧すること。 また、園内を散歩すると、パラシオ・デ・クリスタル(写真に映っている建物)や、バラ園、フランス風の花壇などが目にとまります。約1万5000本以上の木々が植えられているこの公園では、心地よい散歩が楽しめます。また、散歩道の途中では、悪魔を題材にした世界で唯一の彫刻である堕天使の像を見ることができます。ベンチでくつろいだり、芝生に寝転んで日光浴を楽しみながら、幸せのひと時を実感してください。

9) ウシュアイア・イビサ・ビーチ・ホテル

スペインのニ大都市に並んで人気のロケーションは、地中海に浮かぶイビサ島。 多くの人々にとってここは、日常から逃避するためのバケーションの地なのです。 生物学的多様性と島の文化が称えられ、ユネスコの世界遺産にも登録されています。 入り江や風景の美しさだけでなく、この島は、ナイトライフが楽しめる島としても世界的に有名です。イビサ島には、Pachá(パチャ)、Amnesia(アムネシア)、Ushuaïa(ウシュアイア)、Space(スペース)など、世界でも名高いクラブが数多く集まっています。島で最も美しい海岸の一つであるプラヤ・デン・ボッサに、ウシュアイア・イビサ・ビーチ・ホテルはあります。最高のDJのライブやコンサートが楽しめるこのホテルには常連客も多く、またセレブリティたちにも人気のホテルです。 おしゃれをして出かけてみませんか?

10) バルセロナ空港

「あそこには何もないよ!」 多くの興奮が生まれるバルセロナ空港がインスタグラムにアップされたスペイン国内の写真リスト第10位に!想像してみてください。期待と興奮を胸に街に着き…。誰もが経験しますよね。 旅を満喫し、世界屈指の美しい街を散策するのです。 さらに、この街を後にする前にもう一枚。そんな時にはハッシュタグ #¡Volveré!(戻ってくるよ!)を使いましょう。空港からは、ヨーロッパの主要都市をはじめ、ヨーロッパ以外の多くの都市との直行便が運航されています。 さらに、街までは公共交通機関を使ってわずか25分という近さです。


この情報はお役に立ちましたか?




X
Spain SevilleMadridCordobaMalagaValenciaA CoruñaHuescaGranadaBarcelonaCastellón - CastellóLleidaCadizCáceresLa RiojaMurciaAlicante - AlacantPontevedraAsturiasGuipúzcoa - GipuzkoaVizcaya - BizkaiaCantabriaLugoBurgosJaénToledoAlmeríaTarragonaÁvilaÁlava - ArabaHuelvaGironaCiudad RealLeónTeruelZaragozaSalamancaZamoraBadajozNavarreSegoviaCuencaValladolidPalenciaSoriaOurenseAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares IbizaMajorcaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaTenerifeGran CanariaFuerteventuraGomera