バスクの地ワイン「チャコリ」の聖地




所在地

País Vasco


バスクで最も親しまれているワイン、チャコリ。チャコリはフルーティーでかすかに酸味があり、さわやかな微発泡の白ワインです。ぜひとも、ぶどうが栽培されている土地で味わってみてください。ボデガ(ワイナリー)を訪問して、その製造過程を見学することもできます。

チャコリには、アラバ産、ゲタリア産、ビスカヤ産の3つの原産地呼称があります。これらの地域には、チャコリ製造に携わる施設が多いので、ぶどう畑やボデガを訪れてチャコリについてより深く知ることができます。

アラバ産は、アルシニエガ、アジャラ、ジョディオ、オコンド、アムリオなどの町で生産されています。アムリオでは、アラバ産で最も古い歴史を持つボデガ「El Txakoli」でのガイド付き見学ツアーに参加できます。同じくアムリオには、チャコリの大手ボデガである「Arabako Txakolina」があり、施設見学の後にはチャコリの試飲ができます。ほかにも、オコンドの「Okendo Txakolina」、ジョディオの「Beldui Txakolina」、アルトマーニャの「Artomaña Txakolina」などのボデガも見学ができます。

ビスカヤ産で最もチャコリの生産が盛んな町は、オルドゥーニャとオロスコです。オルドゥーニャのボデガ「Gure Ahaleginak」の施設見学では、バスクの伝統的なピンチョスを試食することもできます。またオロスコでは、毎年6月末に「チャコリの日」が祝われます。

ゲタリア産の主な産地は、ゲタリア、サラウス、アイアの町です。ゲタリアでは、「Urki」、「Ameztoi」、「Txomin Etxaniz」といったボデガが施設の見学を行っています。またサラウスを代表するのがボデガ「Talai Berri」です。どのボデガでも、試飲後にその場でチャコリを購入することができます。ボデガの施設見学の多くは事前予約が必要なのでご注意ください。ボデガ見学の情報は、アラバ産・ビスカヤ産に関しては「アイアラルデアのチャコリルート」のウェブサイト、ゲタリア産についてはゲタリア産チャコリのウェブサイトを参照ください。




この情報はお役に立ちましたか?





X
Spain SevilleMadridCordobaValenciaMalagaA CoruñaGranadaBarcelonaHuescaCastellón - CastellóCadizLleidaCáceresLa RiojaMurciaAlicante - AlacantPontevedraAsturiasVizcaya - BizkaiaGuipúzcoa - GipuzkoaCantabriaLugoBurgosToledoAlmeríaJaénTarragonaHuelvaÁlava - ArabaÁvilaCiudad RealLeónZaragozaGironaTeruelSalamancaZamoraBadajozSegoviaCuencaNavarrePalenciaValladolidSoriaOurenseAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares MajorcaIbizaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaTenerifeGran CanariaFuerteventuraGomera