どんな好みにも合う贅沢な味の数々、タパス



タパスを楽しめる贅沢な一日は、スペイン文化を知り、そのバルや食堂の魅力を存分に楽しむための一日。 タパスは、食材の限りない可能性を楽しみ、、絶妙で多様性のある、厳選された料理を共有するための美的感覚あふれる食べ物です。 一食でスペインの豊富なな味が楽しめる上、値段も一般的にお手頃。

流行の「一品一品が少量で品数豊富なメニュー」の草分け的な存在であるタパスは、今日、西洋料理の最前線に立ち、あらゆる食材と料理法を用いて作られています。 17世紀にその歴史が始まったタパスは、その上に立つものはないイベリア生ハム、伝統的なトルティージャ(スペイン風オムレツ)、さらには最高級のシーフードやスペインのアルタ・コシーナ(高級料理)まで、そのすべてが少量で楽しめます。

スペイン中のあらゆる都市や村にはバルや居酒屋があり、中には地区全体がタパス専門店というところもあるほどです。 そんな贅沢なこれらの店に置かれるタパスは、チョリソ(腸詰)、モルシージャ(血入り腸詰)、マリネード、燻製各種、チーズ、魚の塩漬け、アンチョビ、コロッケ、ミガス(パンの炒め料理)など様々ですが、その料理の数は100以上に至ります。

スペイン各地の異なるタパスを味わう体験の最大の魅力は、各自の予算や味の好みに合わせて、少量の様々なおいしい料理を豊富に味わえること。

代表的な料理と斬新な料理

盛り合わせ方も様々です。 ピンチョス、バンデリージャス(楊枝に刺したもの)、モンタディートス(薄切りパンの上に乗せたもの)、カスエリータス(小さな土鍋でサーブ)などタパスの盛り合わせ方も様々。シンプルに楊枝に刺されて出されるものからドレッシングで味付けされ、オリジナリティあふれるソースが添えられてくるものまであります。 カスエリータは、バレンシアのパエリアやアストゥリアスの豆のシチュー、マドリードのカジョス(胃の煮物)や新鮮な魚を使った料理など、スペインの郷土料理のサンプルをお客様に提供する際によく使われます。

もちろん、斬新でモダンな料理もこの美食の流れに乗っています。伝統を守り、タパスとして提供されていますが、盛り付けで違いを出しています。 トルティージャのシャーベット、フォアグラのポタージュ、クルマエビとひよこ豆の煮込み、ロブスター入りのガスパチョなどは料理界を代表するシェフたちが生み出し、その後広がったものです。

タパスは、ビールや炭酸飲料のほか、ベルモット(フレーバードワイン)、白、および赤ワイン、カヴァ、フィノ(辛口)、マンサニージャなどのワインと相性がぴったり。 そして、スペインのどの居酒屋やバルでも、ウエイターやウエイトレスは親切に、その店の最高のタパスを勧めてくれるに違いありません。




この情報はお役に立ちましたか?





スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


すべての活動を見る



X
Spain BarcelonaSevilleMadridCordobaMalagaValenciaCadizA CoruñaGranadaHuescaCáceresCantabriaAlicante - AlacantMurciaLleidaGuipúzcoa - GipuzkoaCastellón - CastellóPontevedraAsturiasLa RiojaVizcaya - BizkaiaGironaToledoÁlava - ArabaLugoJaénAlmeríaTarragonaBurgosHuelvaSegoviaZaragozaTeruelÁvilaSalamancaCiudad RealLeónValladolidBadajozCuencaZamoraNavarreOurenseSoriaPalenciaAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares MajorcaIbizaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaGran CanariaTenerifeFuerteventuraLa GomeraHierro