このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー




スペインにおける最新の前衛建築



スペイン諸都市の街を散歩していると、街の建物の革新とデザインが日ごとに目に留まることにお気づきになるでしょう。著名な建築家たち、フランク・ゲリー、サンティアゴ・カラトラバ、リチャード・ロジャース、ノーマン・フォスターあるいはラファエル・モネオなどが新しい作品を立ち上げる場としてスペインを選んでいます。21世紀「前衛建築」の驚くべき実例であるその幾つかの作品をご紹介しましょう。

驚きを与え、足跡を残す前衛建築。その例が、ビルバオグッゲンハイム美術館マドリッドソフィア王妃芸術センター、あるいは、バレンシア芸術科学都市ですが、スペインにはまだまだ他にも多くの作品があります。バルセロナ、ビルバオ、マドリッド、バレンシアなどの諸都市がその明らかな代表です。それらの街を散歩することにお決めになったなら、お勧めの場所をぜひ訪れてください。

マドリッド、モダンの高揚

「マドリッドはモダン建築に対して無条件な高揚を示します。」とは、2007年プリツカー賞の受賞者リチャード・ロジャースの言葉で、マドリッド空港の拡張を設計しました。事実、ジャン・ヌーベルの作品であるソフィア王妃芸術センター国立美術館の増改築やラファエル・モネオのプラド国立美術館の増改築がそれを物語っています。両美術館ともマドリッド芸術三角地帯の只中に位置し、その三角地帯にスペインで初の垂直庭園を有するカイシャ・フォーラムという文化センターが建設されました。

マドリッドのその他の建築としては、タワー・ビジネス・エリア、カステリャーナ散歩通りの延長軸に権威ある建築家たちによって設計された4つの巨大なオフィスビル群、そして、カナル劇場、広大な演劇センター複合施設、ラ・カハ・マヒカ(魔法の箱)と呼ばれる近代的なオリンピックテニスセンターなどがあげられます。

ビルバオ、野外建築美術館

フランク・ゲリー、ノーマン・フォスターやセサル・ペリらは、ビルバオで作品を「展示」する世界的に著名な建築家の何人かにすぎません。アバンドイバーラ 地区は、その前衛建築で際立ち、そこには、その象徴ともいえるグッゲンハイム美術館があります。

ビルバオは常にデザインに賭けています。たとえば、その地下鉄網をご覧ください。地下鉄の入口はノーマン・フォスターによって設計されました。町のあちこちで前衛建築を見ることができ、中でも、バスク州政府の保健衛生省のように動きを装う建築など、独特な建物に出会うことでしょう。

バスク州には、その他多くの前衛建築の例があります。サン・セバスティアン会議センタークルサアル・センター、両者とも在サン・セバスティアン。また、カラトラバ作の イシオス・ワイナリーや、フランク・ゲリー設計のワイナリー、マルケス・デ・リスカルアラバ県にあり、バスク現代美術館(Artium)が県の中心ビトリア市にあります。

バルセロナとその前衛的な建物

ほとんどバルセロナのどこからでも見えるアグバール・タワーは、円筒形の人目を引く建物で、ポブレノウ地区にあります。この地区は、伝統とモダンをひとつにし、新しいオーディオ・ビジュアル・キャンパス中央公園があり、このジャン・ヌーベルによって設計された庭園は植物群の影や匂いを通して感動を呼びおこすことをもくろんでいます。

バルセロナ全市の建築はその前衛主義で際立っています。よく知られ、常にモダンなガウディのほかに、バルセロナでは多くの固有な建物があなたを驚かせてくれるでしょう。建物の一部が全く水平なマレノストルム・タワー、あるいは、フランク・ゲリーの設計した黄金の魚、これはオリンピック村にあります。

バレンシア、サンティアゴ・カラトラバの地

この町の第一の象徴ともいえるのは、バレンシアの建築家、サンティアゴ・カラトラバの作品、壮大な「芸術科学都市」でしょう。しかしながら、前衛的な建物はまだまだあります。カラトラバ作のソフィア王妃芸術堂ラスット・デ・ロー(L’Assut de l’Or)橋、ノーマン・フォスターの会議センター、そしてベレス・エ・ベンツ(Veles e Vents)の建物、これはヨットのアメリカ杯開催を機会に建てられ、ミース・ファン・デル・ローエ建築賞の最終選考まで残りました。

スペイン各地の建築革新

前衛建築はスペイン全土の各地にあります。たとえば、カスティーリャ・イ・レオン州には2007年ミース・ファン・デル・ローエ賞を受賞したカスティーリャ・イ・レオン現代美術館レオンにあり、また、最近できたミゲル・デリベス文化センターバリャドリード  に、そして人類進化博物館が、ブルゴスにあります。一方、ガリシア州ア・コルーニャには、海のそばに「展示・会議堂」、人目を引くカイシャ・ガリシアの本店の建物、そしてサンティアゴ・デ・コンポステーラには「文化都市」があります。アラゴン州では、アルカニスにアラゴンモーターシティがあり、またサラゴサでは、2008年サラゴサ万博の壮観な2つのパビリオンを楽しむことができます。橋のパビリオンと水のタワーです。一方、アストゥリアス州のオビエドには、新しい会議センターオビエド市会議センターができました。

建設予定の建物

スペインで前衛建築が歓迎されることから、実際に施工されるプロジェクトの数も増えてきています。ここ数年先に建設されるものがかなりありますが、そのうちの幾つかをあげます。

- 視覚的インパクトの強いタワー、セビーヤとバルセロナにそれぞれセサル・ペリと伊藤豊雄により設計。 - 会議センター、 レオン (カスティーリャ・イ・レオン州) - 新たな都市空間、セビーヤの「メトロポル・パラソル」、マドリッドの「司法都市」、ラ・リオハの「エコ・シティ ログローニョ・モンテコルボ」または、バルセロナ旧闘牛場のショッピングエリアへの生まれ変わり。 つまり、独創性と前衛的な賭けで、スペインを訪れになるあなたを驚かせる革新的なプロジェクトと新しい建築ソリューションばかりです。.





必見スポット