月明かりの下のメスキータとアルハンブラ宮殿




所在地

自治州 :
Andalucía

Andalucía


グラナダのアルハンブラやコルドバの大聖堂メスキータのような建造物を見学することはいつでも喜びに値します。しかもその見学が夜だとしたら、その体験はさらに特別でしょう。スペインの南部、アンダルシアを訪れるときには、予定に加えられるプランのひとつがこれです。

どちらの建造物もユネスコの世界遺産に登録されていて、見学タイプのなかには独特の夜間見学が含まれています。

コルドバの大聖堂メスキータの場合、この画期的な企画は最大80人のグループでオレンジの木の広場から始まる見学コースにこの建造物と街のすべての歴史を紹介するビデオ上映が付きます。続いて、見学者は寺院のなかを散策し、その間、光と音楽によるショーが行われます。同時に、イヤホンガイドによってメスキータのすべての詳細がナレーションによって聞くことができます。このガイドは8言語:スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、日本語とアラブ語で可能です。数々の柱と2色アーチの巨大空間を見学したり、数世紀に亘ってこの建造物が体験してきた多種の宗教の捧げについて知るための美しい方法でしょう。見学時間はほぼ1時間で、少人数のためだけに開かれる寺院の内部を散策できることに深い感銘を受けるに違いありません。

一方グラナダのアルハンブラでは、この建造物群の夜間見学を2種類から選択できます:ナスル宮殿の夜間見学コースと庭園とヘネラリフェ宮殿の夜間コースです。それぞれは別々に行われ、両方同時に参加することはできません(同じ時刻に行われるため)。これらの見学では、スペインでも最も美しい建築の宝のひとつを照明に照らされた景観ともっとプライベートで特別なコースを堪能できます。

時間と料金に関する詳しい情報については、オフィシャルウェブサイトをご覧になることをお勧めします:http://www.turismodecordoba.org/http://www.alhambra-patronato.es/

要注意: コルドバのメスキータの夜間見学時間: 1月と2月:金曜日と土曜日  3月から10月まで:月曜日から土曜日  11月と12月:金曜日と土曜日  1月と2月:20時 と 21時半  3月: 21時 と 22時半   4月と5月:21時半 と 23時  6月、7月と8月:22時 と 23時半  9月:21時 と 22時半   10月、11月と12月:20時 と 21時半  ナスル宮殿の夜間見学時間: 3月15日から10月14日まで、火曜日から土曜日、22時から23時半まで 10月15日から3月14日まで、火曜日から土曜日、20時から21時半まで 庭園とヘネラリフェ宮殿の夜間見学時間: 3月15日から5月31日まで、火曜日から土曜日、22時から23時半まで 9月1日から10月14日まで、火曜日から土曜日、22時から23時半まで 10月15日から3月14日まで、火曜日と土曜日、20時から21時半まで





必見スポット