バルセロナのサン・ジョルディのお祭り




所在地

Barcelona


薔薇、本と恋人たち:バルセロナには4月23日は欠かせません。カタルーニャ地方では世界本の日が特にロマンチックなお祭りの日となります。この日にカタルーニャ人は地元の守護聖人であるサン・ジョルディを祝って、ユニークな庶民の伝統を守りに街に繰り出します。一体どんなことがあり、その由来は何で、どのように楽しむのかを知りたい方々には、続けてお読みになることをお勧めします。

春が訪れると、カタルーニャ地方でも最もユニークなお祝いに参加することができます。サン・ジョルディの日です。庶民の色が強く反映されるこのお祭りでは、文化とロマンが一緒になります。この日、4月23日には、カップルがプレゼント交換をするという習慣があります:男性は本を、女性は薔薇の花を贈られるのです。このようにバルセロナはこの一日、巨大な野外の本屋-花屋となります。街角は本と薔薇の花の出店のあいだを歩き回る人々で溢れ、それぞれは恋人だけにではなく、家族や友達へのプレゼントを探します。街全体では、最新の出版物が並べられた出店や著名な作家たちによる本のサイン会、そしてもちろん薔薇の香りを楽しむことができます。 このユニークなお祭りの由来は、いくつかの時代の伝統が混ざってできました。一方では、サン・ジョルディが15世紀からカタルーニャ地方の守護聖人であるという事実があり、そしてもう一方では、サン・ジョルディと竜の有名な伝説があります。そしてまた、ジェネラリタ宮殿のサン・ジョルディ礼拝堂を訪れるという古い中世の習慣があり、ここでは薔薇の市場、または“恋人たちの市場”が開かれていることがよくあったそうです。このように、サン・ジョルディはカタルーニャ地方の恋人たちの守護聖人としても知られています。 この日にはジェネラリタ宮殿をぜひ訪れてください。当日は入場が自由となります。その内部の貴族回廊では、もちろん、薔薇を買い求めることができます。慈善目的の出店がいくつか出店しています。またこの日、鐘塔では人気音楽のコンサートを楽しむこともできます。この施設の企画プログラムには、この他にもサン・ジョルディ礼拝堂における公式礼拝と宮殿内のゴシック様式パティオにおける薔薇の祝福が含まれます。





必見スポット